現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > テックポイント:Androidカーナビの華南大手メーカーの4G対応製品に、映像受信用半導体「TP2850」が採用決定

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.19

テックポイント:Androidカーナビの華南大手メーカーの4G対応製品に、映像受信用半導体「TP2850」が採用決定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テックポイント・インクは、中国華南地区大手カーナビゲーションメーカーの深圳市鼎微科技(トップウェイ社)の4G対応製品の新シリーズに、映像受信用半導体「TP2850」が全面採用されたことを発表した。

 近年、日本では、自動車に乗る年数(使用年数)が伸び※1、アフターマーケットが注目されることも多くなってきた。中国でも同様で、季節によっては月間60万~100万台規模※2のカーナビゲーションシステムがアフターマーケットで販売されている。また、商品の技術革新も早く、中国のアフターマーケットにおけるカーナビゲーション市場は、WiFiから4Gシステムに、映像品質も従来のSD画質からHD(ハイビジョン)画質に主流が変わりつつある。

    ティアフォー:完全自動運転EVを使ったモビリティサービス「One Mile Mobility」の試験運用開始、ビジネスモデル創出へ

 このような変化に富む中国の自動車アフターマーケットで、トップウェイ社は、華南地区の大手カーナビメーカーの一つとして多数の車載システム機器を出荷しており、特にAndroid対応カーナビの開発に力を入れています。この中国のアフターマーケットで大きなシェアを持つトップウェイ社の4G対応製品の新シリーズに、テックポイント製映像受信用半導体「TP2850」が全面採用された。

 本製品は、テックポイントが創業以来培ってきた設計技術を生かして開発した、同社独自規格「HD-TVI」を採用した1チャンネルレシーバーで、高品質な標準規格であるCVBS信号およびハイビジョンアナログビデオに対応している。また、本製品に採用している「MIPI CSI2インターフェース」は、自由度が高く、市場の多くのナビゲーションシステムのシステムオンチップ(SOCs)とシームレスに接続することができる。TP2850は、既に同様に華南地区大手のカーナビ開発メーカーであるXYオート社にも採用されるなど、機器メーカーへの採用が続々と決定している。

 トップウェイ社のGeneral ManagerであるDaniel Chen氏は、「私たちは、長い間、パフォーマンスを損なうことなく、複数の機能を1チップで実現できる半導体を探していました。テックポイントのTP2850 は、コスト面、条件面の双方を満たす製品でした。私たちの4G対応製品に、テックポイントのTP2850を採用できて非常に嬉しく思っています 」と評価している。

 なお、 本製品の出荷による、 同社2019年12月期通期業績予想への影響は軽微の見込み。

※1 一般財団法人自動車検査登録情報協会 車種別の平均車齢推移表 (平成30年) https://www.airia.or.jp/publish/statistics/trend.html
※2 テックポイント調べ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します