現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ・ハイエースの海外向け新シリーズをフィリピンでワールドプレミア!

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.19

トヨタ・ハイエースの海外向け新シリーズをフィリピンでワールドプレミア!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月18日、トヨタはフィリピンでハイエースの海外向け新シリーズを世界初披露した。日本では市場環境が異なるので、従来モデルのハイエースを継続販売していく。

プラットフォームを刷新。快適性や安全性を大幅に向上。
ハイエースは、1967年に初代を発売して以降、世界約150ヵ国で累計624万台以上販売されている、トヨタの代表的なグローバルカーの1台だ。

    えっ! ナンバープレートに、アルファベットが入っているのはなぜ?【くるま問答】

長年、高い耐久性と信頼性を強みに、バンやミニバス、プライベートの移動手段として活用され、現在、海外では主にアジア、中東、アフリカ、オセアニア、メキシコ、中南米地域で販売されている。

昨今、自動車市場が拡大し続ける新興国・地域においては、物流に加えて、観光用ミニバス、乗合バス等の乗客輸送の需要が拡大している。

ハイエースの新シリーズは、このような多様なニーズに柔軟に応えるために開発された。今回のフィリピンでの発売以降、2020年にかけて、新興国を中心とした国や地域に順次投入していく。

新型ハイエースは、「ショート・標準ルーフ」と「ロング・ハイルーフ」の2つのボディタイプを設定。

インテリアは、用途に応じて複数の座席および荷室のレイアウトを用意している。乗合バス用途の「コミューター」においては、クラス最大の乗車人数17名を設定。新たに設定した「ツーリズム」では、快適装備と専用インテリアを採用。そして「バン」は世界各国のパレットが搭載可能な荷室を確保している。

エンジンは2.8Lディーゼルの1GD型と3.5Lガソリンの7GR型を搭載。環状骨格構造採用による優れたボディ剛性など、TNGAの設計思想に基づくAll New ボディを採用し、乗り心地、静粛性、安全性能を大きく向上している。

ちなみに、現行型とのサイズの差は以下のようになる。[ ]内が現行型との差だ。

前述のように日本市場では販売の予定はないというが、プレスリリースを見ると右ハンドルも設定されているようなので、ちょっとオシャレなマイクロバスとして逆輸入して使う業者が登場するかもしれない。

[ アルバム : トヨタ新型ハイエース はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します