現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 米ワイトリシティ、EV無線充電の業界標準目指す…クアルコムからワイヤレス充電技術など買収

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.18

米ワイトリシティ、EV無線充電の業界標準目指す…クアルコムからワイヤレス充電技術など買収

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイトリシティは2月15日、クアルコムからEVのワイヤレス充電「クアルコム・ハロ」など複数の技術プラットフォームとIP資産を買収した、と発表した。

ワイトリシティは2006年、米国マサチューセッツ州に設立。特許を持つ磁気共鳴技術を使い、非接触ワイヤレス充電を実現するソリューションを開発している。技術ライセンス契約をトヨタ、アプティブ(元デルファイ)、TDK、IHIなどの企業と締結している。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

2019年1月のCES2019では、ホンダとワイトリシティは、ワイトリシティの「DRIVE11」ワイヤレス充電システムを活用した車両とグリッド間ワイヤレス充電モデルを実演した。また2018年には、工場出荷時に同社のワイヤレス充電機能を搭載したBMW『530e iパフォーマンス』が発表されている。

今回の買収は、技術開発を合理化し、自動車メーカーがシームレスかつ効率的なEV充電体験を提供できるようにするのが狙い。EVのドライバーは自宅や公共駐車場などにあるワイヤレス充電パッド上に駐車するだけで、ケーブルなしで充電できる。さらに将来の自動運転車でも、ワイヤレス充電を可能にしていく。

また、今回の買収によって、ワイヤレス充電の業界標準化を目指す。EVのドライバーがどの充電パッドを使用しても、車の充電が行えるようする、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します