現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アマゾン、米新興EVメーカーに出資…764馬力の電動ピックアップトラック市販化へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.18

アマゾン、米新興EVメーカーに出資…764馬力の電動ピックアップトラック市販化へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のリヴィアン・オートモーティブ(Rivian Automotive)は2月15日、アマゾン(Amazon)などから7億ドル(約775億円)の出資を受けると発表した。

リヴィアン・オートモーティブは米国ミシガン州に本拠を置く新興EVメーカーだ。車両の設計や開発を行なう本社拠点に加え、カリフォルニア州に自動運転やデータ通信、バッテリーなどの技術開発拠点を有する。さらに、イリノイ州では旧三菱自動車の工場を取得しており、年間30万台の生産能力を持つ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

リヴィアン・オートモーティブでは、2020年にリヴィアン『R1T』と呼ばれるEVピックアップトラックを北米市場に初投入する計画だ。R1Tは4モーターで4輪を駆動するピックアップトラック。3種類設定されるグレードの中で、最もパワフルな仕様では、4つのモーターが合計で最大出力764hp、最大トルク114.2kgmを発生する。車両重量は2670kgあるが、0~96km/h加速3秒、最高速201km/hの性能を可能にする。

また、3種類設定されるグレードの中で、最もバッテリーの容量が大きいのが、蓄電容量180kWh仕様となる。1回の充電での航続は、最大で644kmの性能を備えている。

リヴィアン・オートモーティブでは、EVの市販に向けて、パートナーを探していた。今回、アマゾンなどから7億ドルの資金を調達することが決まり、EVの市販化が前進することに。アマゾンのジェフ・ベゾスCEOは、「リヴィアン・オートモーティブは優れた組織を築き、製品とそれに見合う技術を持つ。アマゾンは、このような革新的企業に投資することに興奮している」と述べている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します