現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2019 WRCラリー・スウェーデンはトヨタのタナックが優勝【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.18

2019 WRCラリー・スウェーデンはトヨタのタナックが優勝【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月17日、WRC第2戦ラリー・スウェーデンの最終日デイ4が行われ、トヨタのオィット・タナックが優勝を飾った。2位はシトロエンのラッピ、3位はヒュンダイのヌーヴルだった。

タナックが最終日を完璧な走りで締めくくる
ラリー・スウェーデン最終日のデイ4のSS合計距離は51.31km。2位に54.5秒差をつけてこの日の競技をスタートしたオィット・タナック(トヨタ)は、最終のパワーステージで2番手タイムの選手に3.5秒差をつけるベストタイムを記録するなど快調な走りを見せ、ボーナスの選手権ポイントも獲得する完璧な勝利を飾った。

    えっ! ナンバープレートに、アルファベットが入っているのはなぜ?【くるま問答】

タナックはラリー・スウェーデン初優勝。この勝利で2019年のWRCをリードする立場になった。また、トヨタもマニュファクチャラーズ部門でトップに立った。

エサペッカ・ラッピ (シトロエン) 、ティエリー・ヌービル (ヒュンダイ) が巻き返し、2位、3位に入っている。

トヨタは、クリス・ミークが順位を守り6位でフィニッシュ。ラトバラはデイリタイアとなったっものの最終的には25位に浮上。プライベーターとしてヤリスWRCで出場したマーカス・グロンホルムも完走を果たした。

次戦のWRCは3月7日から10日にかけて開催される第3戦ラリー・メキシコ。このラリーはメキシコ中央部の高地の滑りやすいルーズグラベルで行われ、空気が薄く、外気温は摂氏30度前後に上昇するなど、スウェーデンとはまったく条件が異なるラリーとなる。

2019WRC第2戦ラリー・スウェーデン最終結果

1位 オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (トヨタ ヤリス WRC) 2h47m30.0s
2位 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (シトロエン C3 WRC) +53.7s
3位 ティエリー・ヌーヴル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +56.7s
4位 アンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +1m05.4s
5位 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (フォード フィエスタ WRC) +1m08.2s
6位 クリス・ミーク/セブ・マーシャル (トヨタ ヤリス WRC) +1m38.8s
7位 セバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ (ヒュンダイ i20クーペWRC) +1m49.7s
8位 ポントゥス・ティディマンド/オーラ・フローネ(フォード フィエスタ WRC) +3m37.7s
9位 オーレ・クリスチャン・ヴェイビー/ヨナス・アンダーソン (フォルクスワーゲン ポロ GTI R5)+6m34.0s
10位 ヤリ・フットネン/アナ・アンティ・リナケト (シュコダ ファビア R5)+8m21.4

2019WRCマニュファクチャラーズランキング
1位 トヨタ 58 
2位 ヒュンダイ 57
3位 シトロエン 47
4位 Mスポーツ フォード 30

2019WRCドライバーズズランキング
1位 オィット・タナック (トヨタ) 47
2位 ティエリー・ヌーヴル(ヒュンダイC) 40
3位 セバスチャン・オジェ(シトロエン) 31
4位 クリス・ミーク (トヨタ) 21
5位 エサペッカ・ラッピ (シトロエン) 19

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します