現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > おすすめ!7人乗りSUV5選 ~輸入車編~

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.15

おすすめ!7人乗りSUV5選 ~輸入車編~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輸入車で7人乗りは選択肢が少なくて……とお思いのあなた!ミニバンだけでなくSUVにも目を向けてみてください。少々お高いモデルが多いですが、SUVまで視野広げてみると7人乗り輸入車の選択肢はぐっと広まりますよ!文・木谷宗義

プジョー5008

    SUVで燃費がいい車はどれ?トップ10

全長4,640mm×全幅1,840×全高1,650mmのボディを持つミドルサイズSUVのプジョー「5008」は、「3008」のロングボディ7人乗りバージョン。エッヂの効いたスタイリングはプジョーならではで、「i-Cockpit」と呼ばれる近未来的なデザインのインテリアもユニークです。
シートアレンジは、2列目シートは座席ごとにスライドとリクライニングが可能な他、2/3列目だけでなく助手席のシートバックを倒すこともでき、長尺物を積むことができます。
バリエーションは、1.6Lガソリンターボを積む「Allure(アリュール)」と「CROSS CITY」、そして2.0L「BlueHDi」クリーンディーゼルを搭載する「GT」の3モデルで、価格は404万円~473万円。国産ミニバンとも比較できる価格も、魅力的な1台です。


ランドローバー ディスカバリー

7人乗りSUVの老舗的存在が、ランドローバーの主力モデル「ディスカバリー」。現行モデルは2017年にフルモデルチェンジした第5世代で、アルミ製モノコックボディを採用することにより、先代よりも最大で360kgもの軽量化を実現しています。
「大人7人が快適にくつろげるフルサイズ7シート」を謳うだけあって、全長4,970 mm×全幅2,000mm×全高1,890mmと堂々たるボディの室内は広々。スマートフォンアプリからシートアレンジを操作する「インテリジェントシートフォールド機能」も搭載しています。
パワートレインは、3.0L V6スーパーチャージャーと、3.0L V6ターボディーゼルの2種類で、価格は850.9万円~。ちなみに弟分の「ディスカバリースポーツ」なら、500万円台で7人乗り仕様が選べます。


ボルボ XC90

「XC40」「XC60」「XC90」と3モデルがラインナップされるボルボのSUVシリーズの中で、唯一7人乗りとなるのが、フラッグシップのXC90です。全長4,950mm×全幅1,960mm×全高1,775mmと、ディスカバリーに近いボディサイズを持つこの車は、北欧らしい温かみのあるインテリアとボルボが長年、追求している安全性の高さが魅力。
パワートレインは、すべて2.0Lガソリンエンジンながら、ターボ仕様の「T5」、ターボにスーパーチャージャーを組み合わせる「T6」、さらにモーターを追加したプラグインハイブリッドの「T8 Twin Engine」の3種類をラインナップ。価格は789万円~です。


メルセデス・ベンツ GLE

ディスカバリーやXC90に近いボディサイズや価格帯のモデルなら、間もなく日本導入が始まると見られるメルセデス・ベンツ新型「GLE」にも注目しておきたいところ。新型GLEは、2018年10月のパリモーターショーで発表されたニューモデル。「Mクラス」と名乗っていた時代から数えると、4世代目に当たります。
「GLEって7人乗りだっけ?」と思った方もいるでしょう。じつは新型GLEで初めて3列シートの7人乗りが設定されたのです。ディスカバリーやXC90、X5といったライバルたちに合わせて設定されたものと思われます。
Aクラスで初搭載された対話型インフォテイメントシステム「MBUX」ももちろん搭載。パワートレインには、48Vマイルドハイブリッドが採用されます。追ってAMGモデルも登場するはず。


キャデラック エスカレード

日本国内で買える最大級のSUVが、キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」。
ボディサイズは、ディスカバリーやXC90を大きくしのぎ、全長5,195mm×全幅2,065mm×全高1,910mm!7人乗りのシートも「2/3/2名」レイアウトではなく、キャプテンシートの2列目と3人がけの3列目を持つ「2/2/3名」レイアウト。2列目シートも3人がけとなる、8人乗り仕様も用意されています。
パワートレインは、アメリカ車らしい6.2Lもの大排気量を持つV8ガソリン。キャデラック独自の磁性流体減衰力制御システム「マグネティックセレクティブライドコントロール」を採用したサスペンションも特徴です。ボディサイズもエンジンもビッグスケールなら、価格もビッグで1371.6万円から。


輸入車で7人乗りのミニバンというと、シトロエン・スペースツアラーやメルセデス・ベンツVクラスなど、選択肢が限られてしまうもの。でも、3列目シートを頻繁に使わないなら、SUVでも十分にその役目は果たせますし、SUVならではの魅力を味わうこともできます。
価格は少し高めとなりますが、輸入SUVに選択肢を広げてみると、きっと新たな発見がありますよ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • m11*****|2019/02/15 12:00

    違反報告

    デカいSUV邪魔。
    こないだちょっと古めのファミレスの駐車場に停めて帰ろうとしたらCX-8とランクルに挟まれてた。
    仕方ないからリアのスライドドアから乗り込んだけど、隣のランクルドアぶつけないで降りれないよな?って感じだった。
  • ars*****|2019/02/15 10:43

    違反報告

    みんなが知ってる情報を並べただけの記事はやめていただきたいと思います。
  • chi*****|2019/02/15 11:48

    違反報告

    キャデラックとか需要狭すぎだろ。
    デカ過ぎだし。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します