現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ・トラック 新型FHに搭載されたメカニズム

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.14

ボルボ・トラック 新型FHに搭載されたメカニズム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・トラックの大型トラック、FHには、ボルボ・トラック独自のテクノロジーが搭載されている。ドライバー・ファーストの設計思想から生まれたメカニズムを見てみよう。TEXT&PHOTO◉松井亜希彦(MFI)FIGURE◉VOLVO TRUCKS

ドライバー・ファーストの設計思想から生まれたボルボ大型トラックのメカニズム

    トヨタ・新型スープラのトランスミッションは、最新世代のZF製8速AT。レシオカバレッジも現代最大級だ

 商用車の分野で世界有数の規模を誇るボルボ・トラック。日本ではトラクターヘッドに属するモデル「FH」のみが販売されている。2018年11月、改良した新型を発表した。同社は従来から”長距離輸送に携わるドライバーへ、最高の職場環境を提供し安全に繋げる”設計思想で、すでに油圧アシストと電気モーターを組み合わせ操舵力を大幅に低減しつつ、路面からの振動を抑えるボルボ・ダイナミック・ステアリングを全車標準装備としている。今回は実際に体験することができた。路面に置かれたゴムブロックを踏んで前進してもステアリングから凹凸による振動はほとんど感じ取れない。また低速での操作は片手で楽々と行なうことができるため、高齢者や女性のドライバーに歓迎されているという。

 さらに今回は運転者の負担を減らす様々な装備が追加された。クラッチ操作を自動化したAMTであるI-シフトもすでに全車標準装備だが、新たにクローラー・ギヤを用意。クラッチハウジングの直下に用意された拡張ギヤにより、標準の2倍近い減速比が選択でき、超重量物を積んだ際の坂道や悪路での発進時などに威力を発揮する。

 またI-シフトに追加するデュアルクラッチもオプション設定。重量物を積み勾配のきついルートを登る際には、MT/AMT問わず変速時のトルク抜けがどうしても出る。これを嫌うプロドライバーはエンジン回転数を高めたりすることもあるが、このオプションを選択すればスムーズに登坂でき、運行時の疲労低減や燃費向上も期待できるという。

ボルボ・ダイナミック・ステアリング

キックバックを抑え込む制御

クローラー・ギヤ

ダウンサイジングの流れに乗らない大排気量

DCTによるスムーズなトルクの出方

人手不足が続く運輸業界では高性能車両が求人に貢献!?

 ボルボ・トラックは国産車と比較するとやはり値段は高いが、ドライバーの人気は上々。運送会社によっては優秀な人材確保のためにボルボ・トラックを導入する動きも増加しており、2018年の「FH」国内販売台数は対前年比150%近くで推移している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します