現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【モータースポーツ】ポルシェカレラカップの2019年カレンダー発表、アジアシリーズも2戦開催

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.14

【モータースポーツ】ポルシェカレラカップの2019年カレンダー発表、アジアシリーズも2戦開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月13日、ポルシェジャパン/ポルシェカレラカップジャパン委員会より、ポルシェカレラカップジャパン、ポルシェスプリントチャレンジジャパンのレースカレンダーが発表された。

6月15-16日は3つのレースシリーズが開催されるビッグイベントとなる
ポルシェジャパン/ポルシェカレラカップジャパンが今シーズンのシリーズ概要とカレンダーを発表した。

    えっ! ナンバープレートに、アルファベットが入っているのはなぜ?【くるま問答】

それによると、2019年シーズンに日本国内で行われるレースシリーズは、ポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)、ポルシェカレラカップアジア(PCCA)、ポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)の3つ。

今年で19年目となるポルシェカレラカップジャパンは、SUPER GTやF1日本GPといったビッグイベントのサポートレース開催を中心に、6イベント11戦によって争われる。

ポルシェカレラカップジャパン 2019年シーズン レースカレンダー
2014年から開催されているポルシェカレラカップアジア(PCCA)は、鈴鹿サーキット(5月)と富士スピードウェイ(6月)でシリーズ戦を開催。この2レースはPCCJとPCCAが混走する初のシリーズ戦となり、これによりPCCJ史上初めてローリングスタートを採用することになる。

ポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)は今年からスタートする新しいレースシリーズで、991.1型以前の911 GT3 カップカーで争われる。これまで開催してきたポルシェGT3カップチャレンジの流れを汲むもので、新しいカスタマーレーシングカー、718ケイマンGT4クラブスポーツの専用クラスも新設される予定となっている。

ポルシェスプリントチャレンジジャパン 2019年シーズン レースカレンダー
718ケイマンGT4クラブ スポーツは、1月のデイトナ24時間でワールドプレミアとなったカスタマーレーシングカー。水平対向6気筒の3.8Lエンジンから425psを発生し、6速のポルシェドップルクプルング(PDK)を採用。国内でのデビューレースは6月のPotsche Sportcar Together Dayを予定している。

また6月15-16日に3つのシリーズが行われる富士スピードウェイでは、「Porsche Sportscar Together Day 2019」と題した一大イベントを開催する。この日、日本で初めてポルシェによる3つのシリーズが同じレースウィークに開催されることになる。

現在、ポルシェカレラカップジャパン委員会で、2019年シリーズのエントラント受付を行っている。718ケイマンGT4クラブ スポーツの価格を含めた詳細は近々発表予定とのことだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します