現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車線維持技術をベッドに応用…フォードモーターが快適な睡眠を支援[動画]

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.14

車線維持技術をベッドに応用…フォードモーターが快適な睡眠を支援[動画]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォードモーター(Ford Motor)は2月12日、自動車向けの先進運転支援システム(ADAS)技術を応用した「レーンキーピングベッド」のプロトタイプを開発した、と発表した。

多くのフォード車には、「レーンキーピングエイド」が搭載されている。これは、前方の道路標識を監視し、ステアリングホイールの操舵を支援することにより、車両を安全に正しい車線に戻すシステム。ドライバーが不用意に車線から外れるのを防ぎ、他のカメラベースのシステムを補完するものだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

フォードモーターはこの技術を応用して、レーンキーピングベッドのプロトタイプを開発した。圧力センサーを使用して、二人用のベッドで寝ている人のひとりが、相手の領域に侵入したことを検知。すると、マットレスに内蔵されたコンベアベルトが自動で横方向に動き、窮屈さを解消する。

フォードモーターは、睡眠不足は家庭や職場、運転中のけがや事故のリスクを高める、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します