現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 洗うだけじゃダメ! 意外と知らない洗車後の仕上げポイント5つ

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.14

洗うだけじゃダメ! 意外と知らない洗車後の仕上げポイント5つ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仕上げにひと手間加えることで愛車の見栄えがグンとよくなる

 日常的なボディケアというと、シャンプーで洗って、拭きあげて完了。さらに必要に応じて、ワックスやコーティングをかけて仕上げるといったところだろうか。もちろんこれでもいいのだが、さらにワンランク上を目指すなら最後の仕上げにひと手間かけてやりたい。簡単なものばかりだが、効果ありのポイントを紹介しよう。

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

 1)開けられるところは開けて拭き上げる

 ざっと拭いただけでは取り除けないのが水分だ。完成したと思ったら、ツーっと垂れてくるのはイライラするし、放置して乾くとムラやシミになるのでできるだけ除去しておきたい。比較的大ワザなポイントになるが、ドアだけでなく、ボンネット、給油口など開けられるところは開けてすべて拭き上げてやる。

 2)さらに細かいすき間の水分除去

 クルマというのはパネルを組み合わせて作られているし、ボディ上につけられた付属品も多い。これらのすき間に入り込んだ水分はできるだけ取り除いておきたい。とはいえ、パネルのすき間は布が入りにくくて、拭き上げることはできない。テクニックとしては、吸水力の高いマイクロファバーやセーム革などを使用して、すき間に角を入れ込んでやり、吸い出すようにして除去してやる。とくにドアミラーはミラーそのもののまわり、付け根など、ポイントは多い。

 樹脂やゴム部品にツヤを出すと見栄えが変わる

 3)黒いところは黒く

 タイヤやモールなど、黒い部分が黒いと全体のイメージも引き締まって見える。タイヤにはタイヤワックスを塗り、モールには保護ツヤ出し剤を塗ってやろう。塗りすぎるとギラギラしてしまうので、乾拭きで仕上げて自然なツヤを出すようにしよう。また手で触れずに汚れを落として、ツヤも出すタイプのタイヤワックスなら、ホイールハウスの内部にもスプレーしておくと、ツヤが出てきれいになり、タイヤまわりがシャキッとして見えるようになる。

 4)ワックスカスの除去

 ワックスをかけた場合、どうしても不要な場所に付いてしまい、そのまま固まってしまうことがある。そうなるとみっともないだけでなく、そこにまたゴミや砂などが入り、次に落とす時に塗装にキズを付ける原因にもなるし、ウォッシャノズルに入り込んだ場合はきれいに噴射できなくなってしまうこともある。ガラスのふちの部分も含めて、綿棒や爪楊枝を駆使して、除去してやろう。これをやると輪郭がはっきりとして、クルマがシャキッとして見える。

 5)ムラの解消

 ワックスを塗ったはいいけど、光の加減でムラが浮き出てくることがある。これまたイライラさせられるが、原因は塗装面に残った余分なワックス分。除去すればいいのだが、再度の乾拭きがまずは基本。それでも消えない場合は、霧吹きで水を軽くかけてやったり、ひどい部分ならもう一度ワックスをかけてやるといい。前者は水で溶けてムラが平滑になるからで、後者は固まってしまった余分なワックス分がワックスによって溶けて取り除きやすくなるから、ムラが消えるわけだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します