現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NTTアドバンステクノロジ:安心安全で効率的なガスパイプライン点検を提供

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.13

NTTアドバンステクノロジ:安心安全で効率的なガスパイプライン点検を提供

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTアドバンステクノロジは、Picarro, Inc.が開発した「車載型ガスパイプライン点検サービス」の日本国内での提供を開始した。

 本サービスは、高感度センサーを搭載した車でパイプライン付近を運転してメタンガス濃度を計測し、データをクラウドにアップロードして解析することで、作業員が徒歩で行っていた従来の点検方法に比べ、格段に効率よくパイプライン点検を可能にするもの。NTT-ATにおいて、日本国内向けにカスタマイズを行い、昨年11月から、帝石パイプラインにて運用が開始された。

    シャープ:第5世代移動体通信方式による高精細8K映像のライブ伝送に成功

 ガスを供給するパイプラインは、メタンガスセンサーを携えた作業員がその上を歩く方法で、定期的に点検されている。これに対してPicarroは、高感度なセンサーを車に搭載することで、従来方法より格段に効率よく高感度にガスパイプラインの点検ができるサービスを提供している。本サービスは、アメリカの6つの州、カナダ、フランス、イタリア、オーストラリア、スイス、中国などの多くの国で既にガスパイプラインの点検手段として採用されており、今後さらに広がるものと思われる。

 NTT-ATは、日本の道交法や電波法を遵守して運用するため、本サービスを構成する車載型メタンガスセンサー「Surveyor(サーベイヤー)」(図1)と、データを保存し解析するクラウドサービス「P-Cubed(ピーキューブド)」のカスタマイズを行い、昨年11月より帝石パイプラインにおいて、法定点検の補完としてそれらの運用が開始された。

(1)点検の仕組み・特徴
 本サービスは、車のバンパーに設置された取込口から走行時に空気を取り込み、トランクに設置されたCavity-Ring Down方式のレーザガスセンサーまで搬送して空気中のガス濃度を計測する。このセンサーは車の最大走行時速65kmでも、空気中のメタンガス濃度をppb* [mol/m3]オーダーレベルで高感度に計測可能で、従来の徒歩による計測方法に比べ、短時間でかつ高感度に点検できる。また、車を走行しての点検であるため、雨や雪などの悪天候時でも点検を実施することが可能だ。

(2)計測データの提供
 Surveyorのメタンガス計測結果は、同時に計測した車の位置や風向風速などとともに、P-Cubedにアップロードされ解析される。P-Cubedは、風が吹いた際のメタンガスの挙動を考慮して計測結果を分析し、ガスリーク地点が存在すると推定される領域を提示する。また、メタンガスに含まれるエタンガスの含有率から、メタンガスが天然ガス由来のものなのか、農地や腐敗物などから発生したものなのか、あるいは自動車の排気ガスなのか判別することが可能。これらの計測・分析結果は、インターネットを通じて、計測中の車内やオフィスのPCやタブレット上にリアルタイムに表示される(図2)。

 本サービスにより、以下の効果が期待できる。

(1) 短時間・高感度に検査を実施することで、 パイプラインのより一層の安心安全が確保できる。
(2)パイプライン劣化を初期段階から検知可能なので、長期の補修計画が立て易くなる。
(3)点検が短時間で効率的に実施できるため、自然災害発生時にガス供給復旧までの時間短縮化が図れる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します