現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】三菱自動車、ジュネーブモーターショーでRVRの2020年モデルをワールドプレミア!

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.13

【ニュース】三菱自動車、ジュネーブモーターショーでRVRの2020年モデルをワールドプレミア!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月5日(火)~17日(日)に開催される第89回ジュネーブ国際モーターショーで、三菱自動車はコンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデルを世界初披露する。

大幅なデザイン変更、欧州仕様の新エンジンに2.0L MIVEC SOHC 16Vも搭載
ASXは2009年の発売以来、北米、欧州、豪州、中国など約90カ国で累計約132万台を販売しており、現在、三菱自動車において3番目に販売台数の多い世界戦略車だ。

    えっ! ナンバープレートに、アルファベットが入っているのはなぜ?【くるま問答】

今回の改良では、当社のブランドメッセージである「Drive your Ambition」を具現化するデザインフィロソフィ「Robust & Ingenious」に基づき、エクステリアデザインを大幅に刷新している。噂されていたフルモデルチェンジではなく、ビッグマイナーチェンジのようだ。

デザインコンセプトは、“インパクト & インパルス”。三菱自動車らしいタフさに加え、洗練された独創的なデザインにより強いインパクトを与え、新しい何かにチャレンジしたいドライバーの衝動を掻き立てるデザインを実現した。

フロントマスクは間もなく発売される新型デリカD:5を彷彿とさせる部分も…。

フロントビューは「ダイナミックシールド」デザインコンセプトを進化させ、左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成し、バンパー下部をスキッドプレート形状とすることで力強さ・堅牢さを表現。また、フードに厚みを持たせたことで存在感を高めたフロントフェイスとした。

LEDを多用したフロントランプデザインでは、ターンランプとフォグランプをバンパーサイドに配置した、特徴的なレイアウトにより、三菱らしい独自性を演出している。

リアビューは、リアコンビランプ(ターンランプ以外)をLEDとし、車幅いっぱいに広がる水平基調の特徴的でシャープなテールランプとすることでワイド感を演出している。また、バンパー下部をスキッドプレート形状として力強さを強化した。

欧州向けのパワートレインは、新たに2.0LのMIVEC SOHC 16バルブ エンジンを搭載し、5速MTとINVECS III 6速スポーツモード付CVTを組み合わせる。駆動方式は、2WD(FF)と4WDを設定。

衝突被害軽減ブレーキシステムなどの予防安全機能や、衝突安全強化ボディ「RISE」も採用している。また、スマホ連携ディスプレイオーディオを改良し、コネクティビティを進化させた。

気になる日本仕様に関してはアナウンスされていないが、2019年の夏までには導入されるのではないかと予想されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します