現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 道路上の逆三角形マーク、これってどんな意味?

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.13

道路上の逆三角形マーク、これってどんな意味?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免許を取得する際、私たちは教習所でいろいろなことを学びました。けれど、実際のドライブではあまり見かけない、関わることがない道路標識などは、忘れている方も少なくありません。そんな忘れがちな道路標示のひとつに、路面に突如あらわれる逆三角形のマークがあります。ひし型はときおり目にしますが、逆三角形にはどんな意味があるのでしょう。文・CarMe編集部

路面に逆三角形が描かれていたら注意しよう

    道路に描かれたひし形マークなど、忘れがちな標識・標示5選

道路を走行している際、突然あらわれる路面の逆三角形マーク。このマークが路面に描かれているときは、注意が必要です。
2つの道路が交差する場所では、どちらかに優先権があり、他方は道を譲らなければなりません。逆三角形マークは、『前方優先道路』という意味で、前方で交差する道路に優先権があることを示しています。
つまり、路面に逆三角形マークが描かれていた場合、自分の走行しているほうが「優先道路ではない」ということになります。


マークがない場合は気にしなくて大丈夫?

逆三角形マークに気づいたら、その道路を走行している車は前方で交差する道路を優先させる必要があり、マークが描かれていなければ気にせず通行して構いません。ただし、止まれや徐行の道路標識によって、前方に優先道路示があることを知らされている場合もあるので、注意が必要です。
ほかの道路標示に比べてあまり出会う機会のない逆三角形マークだからこそ、ぜひとも覚えておく必要があります。逆三角形マークは2つ並んでいる場合が多いのですが、1つしか描かれていなくても意味は同じです。
優先道路に進入する際には、優先側の走行を妨げないようにしましょう。
教習所でしっかり学んだはずなのに、日々の運転であまり接することのない道路標識などは、うっかり忘れてしまいがち。特に今回の前方優先道路の表示は、忘れていた方も多いのではないでしょうか。
ドライブ中、目の前の標識の意味がわからず慌てることのないように、これを機会に教習所で使った教本を見直してみてはいかがでしょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • eic*****|2019/02/13 08:32

    違反報告

    逆三角形って、
    教習所で習ったっけ‥…?

    ひし形(横断歩道の手前)は
    知っているけどね。
  • tak*****|2019/02/13 08:34

    違反報告

    まぁ、免許を取得している人は知っていて当然なはずだが、しばらくすると意味を忘れてしまう人も多いんじゃないか。
  • cre*****|2019/02/13 10:19

    違反報告

    そんなの免許を持ってるなら知ってて当たり前だ!とお思いでしょうが、先日免許を取った息子の教習所の模擬試験を試したら、私は不合格でした。
    忘れていることやうろ覚えなこと、間違って覚えていること、ルールが変わっていること。など。
    ベテランドライバーの方も定期的に問題集をやった方が良いかも

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します