現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】1968年製ランボルギーニ・ミウラSVがレトロモビルに登場

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.12

【ニュース】1968年製ランボルギーニ・ミウラSVがレトロモビルに登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月6日~10日、パリで開催された欧州最大のクラシックカーの祭典「レトロモビル」に、ジャン・トッド所有のランボルギーニ・ミウラSVが出展された。この車両はランボルギーニ・ポロストリコによって復元されたモデルだった。

1972年に廃車となった車両を完全復元
「レトロモビル」に出展されたランボルギーニ・ミウラSVは、1972年11月に事故で廃車となった1968年製ミウラSV(シャシナンバー:3673)。完全レストアを積極的に手がけるランボルギーニ・ポロストリコは、新しいオーナーの依頼を受け、この車両の復元に着手。車両を完全に解体し、フレーム、ボディ、内装のパーツ番号や生産月日などを細部にわたり確認、13カ月の時間を費やして最大限オリジナルに近い状態に復元した。

    えっ! ナンバープレートに、アルファベットが入っているのはなぜ?【くるま問答】

この車両のオーナーは、かつてWRCのプジョーチーム監督、F1のフェラーリチーム監督を務め、現FIA(国際自動車連盟)会長のジャン・トッド氏。「レトロモビル」の会場で、トッド氏に車両を引き渡すセレモニーも行われた。

ポロストリコはランボルギーニのクラシックカー(アーカイブ資料管理、パーツ、復元など)を担当する社内部門で、2001年までに生産されたランボルギーニのレストア支援や認定を行なっている。また、スペアパーツの復元も行なっており、2018年だけで200以上のパーツを新たに製造しているという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します