現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ド派手な黄色にいま流行りのアゲ系! 発売前の三菱新型デリカD:5をパンチ強めにカスタマイズ【大阪オートメッセ2019】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.12

ド派手な黄色にいま流行りのアゲ系! 発売前の三菱新型デリカD:5をパンチ強めにカスタマイズ【大阪オートメッセ2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イエローのペイントはテリー伊藤さんの提案

 発売を目前に控えている三菱の新型デリカD:5。大阪オートメッセ2019は、そのプロトタイプ車の先行展示イベントにも選ばれていて、3台の新型デリカが舞台に並べられていた。

    【試乗】新型デリカD:5は走り激変! フルモデルチェンジを名乗らないのが不思議なほどの進化を体感

 そのうちの一台、サテンイエローメタリック×アイガーグレーメタリックでペイントされたデリカD:5は、純正用品提案車という位置づけ。

 なにより特徴的なボディカラーは、先月の東京オートサロンのトークショーに出演した、テリー伊藤さんからの「デリカには、もう少し派手なカラーリングも欲しい」という提案があり、大阪オートメッセ2019のための特別カスタムとして初公開。

 メーカー純正色では、アクティブなカラーは避けがちだが、SUVとしてデリカを購入しようとしているユーザーには、むしろこのぐらい明るく目立つカラーリングのほうが、魅力的に映るのではないだろうか。

 車高はノーマルから50mmリフトアップ!

 その他、LEDワーキングランプを装着したヘビーデューティキャリアや、ボディの下まわりに装着されたサイド・リアアンダーガードバーも印象的。エンジンフードエンブレムなどもブラック化し、ベースモデルとの違いを出している。

 そうしたカスタムに合わせて、ホイールはクリムソンのMONSTER、タイヤは横浜ゴムのGEOLANDAR A/T G015(235/70-16)と、ともにゴツゴツ感のあるデザインのものをあえてセレクト。じつは車高もノーマルより50ミリほどリフトアップ。

 発売前から、新型デリカD:5のカスタムプランをあれこれ練っている人たちには、SUVの力強さを強調し、ワイルドでタフ、そしてよりアクティブな一台として、大いに刺激されたはず! とりあえず、スタンダードモデルの発売が待ち遠しいところだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します