現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > WRブルー×ゴールドでWRCワークスを完全再現! スバルファン垂涎のWRX STI Rally CONCEPT【大阪オートメッセ2019】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.11

WRブルー×ゴールドでWRCワークスを完全再現! スバルファン垂涎のWRX STI Rally CONCEPT【大阪オートメッセ2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EJ20エンジンのデビュー30周年を記念して誕生

 大阪オートメッセ2019のスバルブースの目玉の一台は、スバルのWRC黄金期のワークスカーを彷彿とさせる、WRブルーのWRX。

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

「WRX STI Rally CONCEPT」と名付けられたこのコンセプトカーは、EJ20エンジンのデビュー30周年を記念して製作されたモデル。

 EJ20エンジンが最初に搭載されたのは、1989年に登場したレガシィから。このEJ20のスポーツエンジンで、ずっとラリーを戦ってきたスバルのイメージを一台にまとめたクルマといっていいだろう。

 市販される可能性は大いにアリ!

 ここ最近のスバルのモータースポーツというと、ニュルブルクリンク24時間レースとスーパーGTが主戦場だが、やはりスバルファンとしては、WRCにカムバックしてもらいたいという気持ちは当然強い。

 そうしたスバルファンにとって、このWRブルーのボディにゴールドのBBSの鍛造ホイール(19インチ)を組み合わされると、たちまち吸い寄せられ、虜になってしまう。ちなみにこのホイールは、北米輸出用の「RA」から流用したものだ。

 エクステリア、インテリア以外は、基本的に市販のWRX STIと同じだが、フロントグリルなどは新しいデザインを採用。

 これまでSTIのコンプリートカーは、グリルの淵にピンクのラインを入れていたが、このWRX STI Rally CONCEPTでは、グリルのセンターにラインを入れる新しい試みを行っている。

 インテリアも、日本人のために開発された本格フルバケットシート、レカロのRMSと赤の6点ハーネスで、ラリーカーらしい雰囲気を上手に作り上げている。

 今年はEJ20エンジンの30周年であると同時に、1988年4月2日が創立記念日のSTIにとっても、30周年の年度中。そうした節目の年だけに、近日、この「WRX STI Rally CONCEPT」から、「CONCEPT」の文字がとれて、このまま市販化される可能性はかなり大きい!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します