現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最上級のコンバーチブルが登場──ベントレーがコンチネンタルGTコンバーチブルを発表

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.10

最上級のコンバーチブルが登場──ベントレーがコンチネンタルGTコンバーチブルを発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベントレーの創業は1919年。100周年を迎える記念すべき今年の新型車第1弾として日本市場に導入するのが、オープントップ最高峰のグランドツアラーといっても過言ではない「コンチネンタルGTコンバーチブル」だ。

これまで最上級ツアラーを作り続けてきたベントレーが、ラグジュアリーブランドとして培ってきた技術をすべて注ぎ込んだというコンチネンタルGTコンバーチブル。2006年に登場した初代から数えて3世代目となる新型は、ベントレーらしいエレガントな佇まいと、圧倒的な走行性能が共存した1台だ。

    【新春企画】鈴木正文がセンチュリーに乗る、センチュリーを語る

新型から受ける印象は、先代よりも圧倒的にスポーティであること。ボディサイズは全長4850mm×全幅1954mm×全高1399mmで、寸法じたいは先代とほぼ変わらないものの、フロントタイヤの配置を先代よりも135mm前方に配置。さらにボンネットを長く、ノーズを低くすることで、ロングノーズの伸びやかなスタイリングを実現。同時に、どっしりとした安定感も生み出している。

ボディに合わせるコンバーチブルルーフにはファブリックを使用している。カラーは英国伝統の雰囲気を漂わせるツイード柄のほか、ブラックやブルー、クラレット、グレーなど全7種類を用意。また、Zパターンに折りたたまれる新たなルーフ構造を採用しているのも注目のポイントだ。これにより先代型では速度30km/h以下で25秒かかったルーフの開閉が、新型では50km/h以下かつ19秒で可能となっている。

ルーフを開け放つと、最高品質の天然レザーや希少なウッドパネルを使ったキャビンが広がってる。注目はコンチネンタルGTクーペも採用しているローテーションディスプレイ。エンジンを始動させるとダッシュボードの中央部のウッドパネルが回転し、12.3インチのデジタルMMIディスプレイが姿を表す。スイッチを操作して、さらに回転させると今度は、アナログタイプの外気温/コンパス/クロノメーターが現れる。気分に応じてウッドパネル、ディスプレイ、アナログメーターとキャビンの雰囲気を変えることができるのだ。

そして座り心地のよいコンフォートシートは20通りもの調整が可能だ。シート中央部にベンチレーター、ヒーター、マッサージといった装備を内蔵し、常に快適な空間を生み出すという。コンバーチブルモデルのため、コンフォートシートにはネックウォーマーが組み込まれ、冬場でも快適な走りを支える。

そんな新型コンチネンタルGTコンバーチブルが搭載するのは、パワフルな6.0リッターW12エンジン。最高出力635ps、最大トルク900Nmを発生、8速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる。0→100km/h加速は3.8秒、最高速度は333km/hと、すばらしい動力性能をうたう。

全輪駆動システムも一新しており、先代は前後のトルク配分を40対60に固定していたが、新型では走行状況に応じて前後のトルク配分を変化させることで、エンジンのパワーをしっかりと路面に伝え、これまで以上に安定した走行が可能になったという。

アルミニウムと高張力鋼を多く採用した新世代プラットフォームは、先代と比べてねじり剛性が5%向上、ホワイトボディの状態で20%の軽量化を実現したという。さらにコーナリング時のロールを即座に抑え、タイヤの接地性を最大限に確保するダイナミックライドが車両をしっかり制御、ハンドリングと乗り心地のよさを向上させたともいう。

ほかにもダンパーの力を絶えず調整して最適な乗り心地を確保する連続可変ダンピングコントロール(CDC)やCOMFORTモード/BENTLEYモード/SPORTモードと、サスペンションやエンジン、ギアチェンジの設定を可能にするドライブダイナミクスコントロールを採用。

まさにデザインも快適性も走行性能も(そして価格も)最上級に仕上がった史上最強のグランドツアラーといえるコンチネンタルGTコンバーチブル。日本国内でのデリバリー開始は2019年第3四半期を予定し、その車両価格は2818万円だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN iconic)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します