現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 万能じゃないウインドウ撥水コーティング! ヘタをすると最悪ガラスに傷も

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.10

万能じゃないウインドウ撥水コーティング! ヘタをすると最悪ガラスに傷も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 撥水によってガラスの表面が乾きワイパーの「ビビり」が発生

 ウインドウコーティングをしている方は多いのではないだろうか。撥水剤とも呼ばれるだけに、雨を弾いて、走行風で飛ばしてくれるので、雨の日、とくに夜のドライブには絶大な効果を発揮してくれる。ただし、いいことばかりじゃないのが世の常で、ウインドウコーテンィグも完璧ではない。

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

 その大きなものがビビリだ。ワイパーを作動させると、最初はいいのだが、何回か往復しているうちに、ビリビリと音が出ることがある。実際に経験した方もいると思うが解消するのは難しく、対策としてはワイパーを止めるしかないのが実際だったりする。

 ビビリ音の原因は、ズバリ表面の乾き。撥水するのでそもそも水膜ができないし、そこをワイパーが水玉を払って追い打ちをかけるので、すぐに水分がない状態になってしまう。そこをゴムであるワイパーが表面を動けば、ビビるのも当然だ。

 撥水効果を持つワイパーブレードも存在

 では解消するにはどうすればいいか? まずはゴムの当たり角度が悪くてビビることもあるので、少し手で曲げて様子を見たり、ゴムに付いた汚れを落としてみる。

 それでもダメなら、費用がかかってしまうがワイパー自体を交換する。使うだけで撥水コーティングができるというのがウリのブレードに交換するか、表面の摩擦を下げてくれるグラファイトワイパーにするのも手だ。

 いずれにしても、ビビったままにしておくとウインドウコーティングの被膜が取れやすくなったり、ガラスそのものにキズが付くこともある。ワイパー自体にもストレスがかかって、寿命が短くなるので放置しない方がいい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します