現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホイールナットを選ぶときは、マッチングに気をつけよう

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.14

ホイールナットを選ぶときは、マッチングに気をつけよう

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホイールナットを選ぶときは、マッチングに気をつけよう

ホイールをクルマに装着するために不可欠なパーツがホイールナットです。一言でホイールナットといっても、じつはメーカーごとに形状やネジピッチが違うことも多いのです。クルマを乗り換えたときに、スペアとして保管してあったナットを使おうと思っても使えなかったり、ピッチは合うもののホイールと接触する部分の形状が合わなかったりすることもあります。ホイールナットを選ぶときにはきちんとマッチングするものを選ぶことが大切です。

    ディーラーとのつきあい方


国産乗用車用ホイールナットだけでも色々ある

ホイールナットはハブから出ているボルトに合うサイズのものを選びますが、乗用車に限定してもそのタイプはさまざまです。呼び径(穴径)だけをみても10mm、12mm、14mmと3種類。10mmと12mmはそれぞれネジピッチが1.5と1.25の2種類あるので、計5種類のナットがあることになります。

呼び径が違うときはまったく入らないのですが、呼び径が同じだとピッチが違っても最初のひと掛かりくらいが入ってしまうこともあり、そのままレンチで締め込むとナットもハブボルトも壊してしまうことがあります。そうしたことを防止するためにも、装着されていたナット以外を使うときは、ナット、ボルトともにきれいにしてから軽くグリスなどを塗って、手で締め込んでからレンチを使うようにしましょう。

ホイールナットやハブボルトにグリスやオイルを塗るとナットが抜けてしまわないかと思っている方がいますが、それは心配いりません。きちんと規定トルクで締め付ければナットが抜けることはありません。締め付けトルクはトルクレンチを使えば正確ですが、ホイールレンチや十字レンチで無理なく締められれば基本は大丈夫でしょう。やっていけないのは体重を掛けて締めるなどの無理に力を入れることです。ただ、自信のない方は作業をやらない、もしくはきちんとトルクレンチを使うようにしてください。


ホイールナットは呼び径やネジピッチだけでは確定しない

ホイールナットは呼び径やネジピッチが適合したからといっても使えるわけではありません。ホイールとナットが接触する部分が、合わないときちんと固定することができません。ホイールとナットを締結しているのは、ネジ部分の摩擦よりもこのナットとホイールの接触面の摩擦のほうが大きく働いています。

ネット通販などで新品ホイールを購入し自身で装着する場合、ナットが接触する部分の塗装(クリア塗装を含む)が残っている場合は、電動ワイヤーブラシなどではがしておかないと走行中にナットが外れる(塗装がはがれるため)ことがあります。


輸入車ではナットではなくボルトを使っていることもある

国産車はハブから出ているボルトにホイールを装着しますが、一部の輸入車(といってもメルセデス・ベンツ、BMWなどメジャー系も含みます)は、ハブから出ているボルトがありません。ハブにねじ穴があり、そこにボルトを入れることでホイールを固定します。ハブからボルトが出ていれば、ホイールをそこに引っかけるようにして装着することができますが、ボルトがないのでホイールのボルト穴とハブの穴を合わせるのが難しく、なれない人が一人で作業するのはかなり困難なものとなります。

こうしたクルマの場合は“ホイールセッティングボルト”と呼ばれる道具を使うと楽に作業が行えます。ホイールが外れた状態で“ホイールセッティングボルト”2本をボルト穴に入れておき、そこにホイールを引っかけるようにして取り付けます。そうしておいてからボルトで固定、“ホイールセッティングボルト”を外してそこにホイールナットをねじ込むという方法です。ようするに“ホイールセッティングボルト”はホイールを装着するための治具ということになります。あまり作業を行わないアマチュアこそ使いたいツールが“ホイールセッティングボルト”です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(みんカラ 諸星陽一)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2019/02/14 12:07

    違反報告

    ホンダの「球面座」についての言及はないんか〜い!

    私の『ビート』は社外ホイールなので「テーパー」だが、スペア用に純正ナットも4つ備えてある。
  • er3*****|2019/02/14 11:43

    違反報告

    ナットが接触する部分の塗装が残っている場合は、電動ワイヤーブラシなどではがしておかないと走行中にナットが外れることがあります。

    一度も外れたことないけどな
  • kyo*****|2019/02/14 12:45

    違反報告

    ボルト止めの場合、首下も気にしないとね。長すぎるのを使うと、一見ちゃんと締まったように見えていざ走り出すと悲惨なことに、てことがある。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します