現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 技術的には超絶進化しているのにナゼ!? 現代のクルマから楽しさがなくなったワケ

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.7

技術的には超絶進化しているのにナゼ!? 現代のクルマから楽しさがなくなったワケ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「良くなり過ぎた」がゆえに楽しさを失った現代のクルマ

 今のクルマは品質もとてもよくなって快適だし、スポーツカーであればパワフルだし、誰でも高いレベルの走りを安全に楽しむことができるようになった。でも、なんだかつまらない……、昔のクルマのほうがパワーはなかったけど楽しかった、という声もよく聞く。

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

 クルマはよくなっているのに、なぜだ!? まったくもって贅沢な話に聞こえるが、じつはワタクシ、近藤も常々思っていたところ。ことあるごとに各メーカーの技術者とディスカッションしてきたテーマだけに、ここにその理由をまとめてみたいと思う。

 まず基本にあるのが、良くなり過ぎたことだ。ホントに贅沢な話ではあるが、スポーツカーに静かさ、快適性が必要なのかという問題にもなる。昔のクルマはガーガーうるさかったが、それがクルマの鼓動であり、アクセルを通した一体感につながっていた。

 昔は簡単に操れないクルマも多数存在した

 そして次は乗りこなす喜びだ。今のクルマは、危険回避も含めてレベルが高く、場所の問題さえクリアすれば、誰でも安全に超高速運転も可能だったりする。一方、昔のクルマはひと言で言ってしまえば、完成度は低くて危険な部分も多かった。

 足まわりは今みたいにしなやかではなく、バタバタしていたし、MTのシフトだってスコスコ入りはしなかった。それをなんとか入れたときの満足感は今のクルマにはないもの。

 さらにスターレットGTなどのFFスポーツに乗って、ハンドル切ってアクセル踏んだ日には、フロントが暴れまくって抑えるのが大変だったし、雨の日の高速道路で、コーナリング中にアクセルを踏むと、車線半分ぐらい横っ飛びしたりした。ボディだって今から思えば、ヨレヨレ。もちろんブレーキは利きが甘いし、そもそもコーナーで気持ちよく曲がるクルマも少なかった。

 それでもせっせとパーツを交換したりしてクルマをチューニングして、恐怖心も含めて上手くいなしながら走るのは楽しかったし、それができるのが運転上手の証だった。

 やり取りした開発者のなかには「今、危険なクルマを作れってことですか?」という人もいたりするが、昔のクルマが楽しかった理由というのはこれであると思う。

 別に今、曲がらないとか、入らないシフトを作れといっているわけではなく、スポーツカーでも優等生になりすぎた最新のクルマに対して、昔はよかっただけで終わるのではなく、現代流運転の楽しさ復活のヒントがあるのではというだけ。広告宣伝的な走る楽しさではなく、安くても、早くなくてもいいから、楽しく思えるポイントはどこかにあるはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yus*****|2019/02/07 19:31

    違反報告

    ハイブリッドやダウンサイジングで燃費、センサー制御で安全を自動運転や自動変速で楽を追い求めた結果、楽しみを失った。

    意のままに操る楽しみがなくなり、加速や反応のだるいクルマが増えました。


  • shi*****|2019/02/07 19:08

    違反報告

    相応の技術と知識が必要なはずの車の運転(=資格)を、
    国とメーカーが造った『AT限定免許』がもの凄く簡単なものにしてしまったから。
    それ以外に何がある?
  • u_s*****|2019/02/07 20:11

    違反報告

    やっぱ、アクセルはワイヤーでスロットルに繋がってないとね笑

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します