現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヨコハマ】ハイパフォーマンスSUV用ハイウェイテレーンタイヤ「ジオランダーX-CV」発売

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.7

【ヨコハマ】ハイパフォーマンスSUV用ハイウェイテレーンタイヤ「ジオランダーX-CV」発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜ゴムは、SUV用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」のハイウェイテレーンタイヤの新商品「GEOLANDAR X-CV(ジオランダー・エックスシーブイ)」を2019年4月1日より発売する。発売サイズは255/55R18 109W~275/40R22 108Wの17サイズで、価格はオープンプライスとなる。

ジオランダーX-CVってどんなタイヤ?
ジオランダーX-CVは、近年増加しているモノコック構造の中・大型輸入車に代表される、高速性能と運動性能を重視したハイパフォーマンス・クロスオーバーSUV向けに開発した新次元ハイウェイテレーンタイヤ。

    運転免許証の番号、12桁の意味。最後のひと桁でアレがわかっちゃう!【くるま問答】

SUVに相応しい安全性、快適性、経済性を備えながら、急な降雪にも対応する「M+S(マッド&スノー)」規格を獲得。さらに全サイズで最高速度270km/hに対応するスピードレンジ「W」を実現している。

タイヤサイズは18~21インチ、35~55扁平の全17サイズ。ターゲットとなるSUVは、ポルシェカイエン/マカン、メルセデス・ベンツML/GL/GLE、アウディQ7/Q5、BMW X6/X5/X4、レンジローバー、ジャガーFペイスなどとなる。

技術的には、専用開発の非対称パターンと新開発「ハイシリカ・コンパウンド」が優れたウエット性能を発揮。また快適性でも高剛性・高耐久の専用構造が高速走行の安定感を高め、ハイウェイでのアクティブな走りを生み出すとともに、快適なロングドライブを実現している。また「5ピッチ・バリエーション」がパターンノイズを抑え、静粛性の向上にも寄与している。

これにより、「PARADA Spec-X(PA02)」に比べ、ウェット制動性能を8%、ウェット操縦安定性を3%向上したほか、ロードノイズを23%、パターンノイズを2%(騒音エネルギー低減率での比較)、転がり抵抗を3%低減している。

ハイウェイテレーンタイヤ、ってなに?
SUV/クロスオーバー車用タイヤは、大きく「サマータイヤ」と「オールシーズンタイヤ(マッド&スノー。M+S)」に分類できる。

そのオールシーズンタイヤの中でも、泥濘地や砂地など、より悪路走行に適したマッドテレーン(M/T)、ある程度のオフロード走行とオンロード走行の快適性を兼ね備えるオールテレーン(A/T)、そして、よりオンロード走行の運動性能・快適性能・静粛性を追求しながら、雪道も走行できるハイウェイテレーンタイヤ(H/T)がある。

今回登場したジオランダーX-CVは、いわゆるプレミアムなハイパフォーマンスSUV用のハイウェイテレーンタイヤという位置付けだ。

ジオランダーX-CV サイズ表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します