現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人もクルマも思い込みがち? 雪道と言えばフォルクスワーゲンの新常識

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.7

人もクルマも思い込みがち? 雪道と言えばフォルクスワーゲンの新常識

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■もしや新常識? 雪と言えばフォルクスワーゲン!?

 愛のおクルマ伝道師、小沢が言うまでなく、人間は思い込みの塊です。「アイツは頭良い! アイツはオシャレ! アイツはバカ!?」1度思い込んでしまうとすべての判断がそこから始まり、1度決まってしまった人の思い込みを覆すのは実に難しいものです。

    雪予報で慌てては遅い!冬タイヤ「スタッドレス」履き替え時期の目安

 クルマでも同じで、「トヨタは壊れない! ベンツは威張れる! ボルボは安全!」というような、定説は実に根強く、それこそがブランドイメージ。

 今回のテーマは、「雪道に強いクルマ!」。国産車ならスバル、輸入車ではアウディを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。おそらく、4WDのイメージがあるからです。比べるとアウディ同様ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は特別雪に弱い印象もありませんが、強い印象もないはず。

 でも違うのですね。中でも最近のVWは雪に強いどころか、「ヤケに気持ちいい!」。VWといえばクルマ好きの間で、FF、つまりフロントエンジン・フロントドライブのイメージがあるはずです。

 代表車種のゴルフは、74年の初代モデルからFFレイアウトを採用し、73年生まれのパサートも同様。ちなみにFFはまあまあ雪にも強いという。

 しかし、4WDの採用も意外に早いのです。84年にはパサートヴァリアント・シンクロという乗用4WDを初めて発売し、87年にはゴルフ・シンクロ、91年にはゴルフ・カントリーを追加。ただしどれも簡易的な4WDシステムで、本格派イメージはさほどありませんでした。

 ところが最近は違います。前輪と後輪に素早く最適トルクを配分するハルデックスカップリングによる4WDシステムを2000年に日本で発売したのをボーラにいち早く採用。搭載モデルを「4モーション」(4MOTION)と名付けています。

 以降、4モーション搭載モデルは徐々に増え、今ではゴルフオールトラック、ゴルフR、ゴルフRヴァリアント、パサートオールトラック、ティグアン、アルテオンの全6車種。

 しかもこのハルデックスカップリングはアウディの横置きエンジン車も採用しているので、アウディ同等の走破性を持っているのです。

■VWは雪でも楽しいというクルマ新常識

 よって、今回小沢も長野の雪道でVWの4モーションをトコトン試してみましたがこれがよくできている。この手の最新4WDは燃費性能を上げるために、ドライ路面では基本FF状態、つまり前輪トルク配分100%で走ります。その方がパワーを無駄に使わないからです。

 しかし、それだとドライ路面から雪道に入った時にツライ。とくにタイヤが空回りし易いのは発進時で、最初に前輪が滑ると、後でいくら後輪を追加で回しても前に出ません。

 そのため、雪道と判断したら最初から前輪と後輪もほぼ同時に回す必要がありますが、4モーションはこれが出来る。前輪がタイヤ角にして数10度空回りしたら、瞬時に判断して後輪にもトルクを伝え始める。実際、小沢がまず乗ったティグアン4モーションはほぼスタックをしませんでした。

 しかも、イジワルして前後輪ともにミゾにハマる氷結モーグル路に入っても凄い。これまた前が滑ると判断したら間髪入れず後輪も回すのですが、この後輪も滑ると最初は一瞬スタックします。

 ここからが凄く、4輪のブレーキを個別にツマミ、逆にグリップしているタイヤに微妙にトルクを伝えて数秒後にはスタックから脱出しちゃうのです。この微妙な制御がハンパない。  さらにいうとキモチ良さも凄い。ここまでは4WD性能によるいわゆる危機管理、いわゆるスタック脱出でしたが、滑りやすい雪道でのワインディングでも絶妙な効き具合です。

 なかでも4モーションで選べる「オフロードモード」が楽しい。このモードではコーナリング全般、つまり進入の時も脱出の時も内側ブレーキを微妙につまんで曲がりを助けてくれます。

 具体的には、アクセルを踏みながらコーナーに進入すると、自然にノーズがインを向くのです。これが雪道を慣れた人ならわかりますが、凄く安心。ふつう重い普通の4WDだと直線的に真っ直ぐ進むだけですから。

 それどころかオフロードモードはコーナリングの脱出でアクセルを多めに踏むとリアがドリフトアウト、つまり外に出そうになるくらい。雪道で曲がらないどころか、運転が上手い人ならアクセルで曲がれるレベルなのです。

 さらに言うと、SUVモデルについている「スノーモード」が安心。オフロードモードをさらに安全性を向上させたモードで、単純に上手に内側ブレーキをつまんで曲がりを助け、同時にアクセルを踏みすぎてもドリフトアウトしません。

 最後に、VW車全般についてですがボディ剛性が高く、シャシー性能が高いので、雪道下りでのコーナリングブレーキが上出来すぎる。

 実は、雪道で一番怖いのはオーバースピード気味で入った下りで、ここでブレーキを踏んだ時にまっすぐ進んでしまうクルマと、ステアリング操作に忠実に曲がるクルマとは雲泥の差。VWなら雪道でもしっかり前のクルマをステアリングで避けられます。

 あらゆる雪道シーンで安心な4モーション。これから雪道に強いクルマといったら「VW?」なのかもしれません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 小沢コージ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します