現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしい!? 意外!?】厳選 平成を彩った国内×海外メーカー姉妹車たち

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年1月、デトロイトモーターショーにて世界初披露され、日本での正式発売を待つばかりとなった新型スープラ。

 ところで今回のスープラ、BMWとの協業によりZ4との「姉妹車」となることを知った時、正直ガッカリしてしまった人も多いのではないだろうか。「トヨタ(もしくは国産)純正のスープラであってほしかった」と。

    なぜ今復活? プロから見た新型スープラの価値と復活の理由

 コスト低減のため、開発したプラットフォームを他車種間で流用し「高効率化」を図ることは、いまや珍しいことではなくなった。スープラとZ4のように、異なるメーカーながら、基本部分を共用する姉妹車も出てきてきた。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン