現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車が駐車スペースを探す…自動駐車システム向けセンサーをベロダインが供給

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.5

車が駐車スペースを探す…自動駐車システム向けセンサーをベロダインが供給

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベロダイン・ライダー(Velodyne Lidar)は2月1日、自動運転向けのライダーセンサーが、中国のホロマティック社の自動駐車システム「ホロパーキング」に採用された、と発表した。ホロパーキングでは、ドライバーが駐車場の入り口で下車すると車はスペースを自ら探して駐車する。

ベロダイン・ライダーは1983年に設立された自動運転向けライダーの大手だ。米国カリフォルニア州に本拠を置き、車両の周囲の物体を検知するセンサーのライダーなどを手がける。2005年には、世界初の3Dリアルタイムライダーセンサーを発明して、特許を取得した。自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

このベロダイン・ライダーの自動運転向けのライダーセンサーが、中国のホロマティック社の自動駐車システムに採用された。ホロマティック社の「ホロパーキング」は、中国初のスマート・バレーパーキング・ソリューションとして、どのような天候条件下でも24時間体制で運用できるのが特徴だ。

ホロパーキングは、駐車支援システムとは異なり、車を駐車スペースのそばまで運転する必要がない。ドライバーは、駐車場の入り口で停車して車を降りる。車はホロパーキングを使って駐車スペースを探し、人間の指示なしに、駐車の作業を完了する。出庫の際は、ドライバーが遠隔でシステムを起動させると、車が駐車スペースからドライバーの元まで、自動運転で走行する。

2019年から上海での本格展開を皮切りに、中国の一部都市でホロパーキングの導入を開始する。2020年までに、ホロパーキングを20以上の都市で展開し、各都市で少なくとも20以上の駐車場で導入する計画だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します