現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ3ハッチバックの多彩な国産ライバルたち シビック/カローラスポーツ/インプレッサ 200万円台後半のHBをどう選ぶ?

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.3

マツダ3ハッチバックの多彩な国産ライバルたち シビック/カローラスポーツ/インプレッサ 200万円台後半のHBをどう選ぶ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この春には日本デビューも予定されている期待のマツダ3(旧車名:アクセラスポーツ)。価格は未発表だが、主力の2.0ℓガソリンエンジン車が240-270万円程度か。このあたりは、国産勢のハッチバックも強力なライバルがひかえている。

 大注目のマツダ3。正式デビューは今春(3月?4月?)である。もちろん、価格は現在判明していないが、

    ハスラー、バンディット、そしてカタナも? 同じ名前のクルマとバイク〈スズキ編〉

1.5ℓガソリン(SKYACTIV-G1.5)
2.0ℓガソリン(SKYACTIV-G2.0)
2.0ℓガソリン+24Vマイルドハイブリッド(SKYACTIV-G2.0+M-Hybrid)
2.0ℓガソリンSKYACTIV-X
1.8ℓディーゼル(SKYACTIV-D1.8)

 が国内投入されるはず。G2.5は国内で販売されない。また、注目のSKYACTIV-Xエンジン搭載車の販売は少し先になる模様だ。

 価格は、上に書いた順番で、SKYACTIV-XはディーゼルのSKYACTIV-D1.8よりも安く、2.0ℓM-Hybirdよりは高いという位置づけに落ち着くようだ。トランスミッションは、MTも選べると予想できるが、どのパワートレーンでMTが設定されるかはわからない。さすがに国内で全パワートレーンでMT/ATが選べるようになるとは思えないが……。


 さて、このマツダ3。世界的に見ればVWゴルフ、フォード・フォーカス、アウディA3、メルセデス・ベンツAクラスなどもライバルになるが、国内で言えば、価格的に言ってライバルは

カローラスポーツ
シビック
インプレッサ

というのが真っ先に挙げられる。

 どのモデルも250~270万円台に収まる。

 まずはボディサイズから。これは小さい順に並べてみよう。


トヨタ・カローラスポーツ ハイブリッドG 車両本体価格●252万7200円

全長×全幅×全高:4375×1790×1460mm
ホイールベース:2640mm
トレッド:F1530/R1530mm
車重:1370kg


スバル・インプレッサスポーツ20.i-Sアイサイト 車両本体価格●261万3600円

全長×全幅×全高:4460×1775×1480mm
ホイールベース:2670mm
トレッド:F1540/R1545mm
車重:1400kg


マツダ マツダ3HB(SKYACTIV-G2.0+M-Hybrid)

全長×全幅×全高:4460×1795×1435mm
ホイールベース:2725mm
トレッド:F1570/R1580mm
車重:ーkg


ホンダ・シビックHB 車両本体価格●273万240円

全長×全幅×全高:4520×1800×1435mm
ホイールベース:2700mm
トレッド:F1535/R1555mm
車重:1350kg


 マツダ3とインプレッサは全長は同じ。このクラスで一番大きいのはシビック・ハッチバックである。カローラスポーツはストロングハイブリッドで車重が1370kg。マツダ3は、これより軽くなっているか?  また、ホイールベースは2725mmのマツダ3が最長だ。


 次は、パワートレーン。こちらは排気量が少ない順に並べてみよう。


ホンダ・シビックHB

1.5ℓ直列4気筒DOHCターボ
エンジン型式:L15C
排気量:1496cc
ボア×ストローク:73.0×89.4mm
圧縮比:10.6
過給:ターボチャージャー
最高出力:182ps(134kW)/1700-5500rpm
最大トルク:220Nm/1700-5500rpm


トヨタ・カローラスポーツ ハイブリッドG

1.8ℓ直列4気筒DOHC+THS2 Hybrid
エンジン型式:2ZR-FXE
排気量:1797cc
ボア×ストローク:80.5×88.3 mm
圧縮比:13.0
過給:NA
最高出力:98s(72kW)/5200rpm
最大トルク:142Nm/3600rpm


スバル・インプレッサスポーツ20.i-Sアイサイト

2.0ℓ 水平対向4気筒DOHC
エンジン型式:FB20
排気量:1995cc
ボア×ストローク:84.0×90.0mm
圧縮比:12.5
過給:NA
最高出力:154s(113kW)/6000rpm
最大トルク:196Nm/4000rpm


マツダ マツダ3HB(SKYACTIV-G2.0+M-Hybrid)

2.0ℓ直列4気筒DOHC+24Mild Hybrid
エンジン型式:SKYACTIV-G2.0
排気量:1998cc
ボア×ストローク:83.5×91.2mm
圧縮比:13.0
過給:NA
最高出力:122ps(90kW)/6000rpm
最大トルク:213Nm/4000rpm


 燃費のデータにいくまでに、トランスミッションやサスペンションの見ておこう。
マツダ3
トランスミッション:6速AT(MTもあるかも)
サスペンション:Fマクファーソンストラット/Rトーションビーム

ホンダ・シビックHB
トランスミッション:CVT
サスペンション:Fマクファーソンストラット/Rマルチリンク

トヨタ・カローラスポーツ ハイブリッドG
トランスミッション:CVT
サスペンション:Fマクファーソンストラット/Rダブルウィッシュボーン

スバル・インプレッサスポーツ20.i-Sアイサイト
トランスミッション:CVT
サスペンション:Fストラット/Rダブルウィッシュボーン

 こうしてみると、
フルハイブリッド/マイルドハイブリッド/ダウンサイジング過給/コンベのNAエンジン
CVT/ステップAT(カローラスポーツはMTも。おそらくマツダ3も)
 と、なかなか多彩だ。ボディのデザインもそれぞれ強い個性がある。これは選び甲斐のあるカテゴリーだ。

 次に燃費データを見てみよう。マツダ3はまだ国内のデータが出ていない。燃費データの低い順に並べてみる。



スバル・インプレッサスポーツ20.i-Sアイサイト JC08モード燃費:15.8km/ℓ

ホンダ・シビックHB JC08モード燃費:18.0km/ℓ

マツダ マツダ3HB(SKYACTIV-G2.0+M-Hybrid) NEDC複合燃費:19.61km/ℓ

トヨタ・カローラスポーツ ハイブリッドG JC08モード燃費:32.2km/ℓ

 これはもう圧倒的にトヨタのTHS2が優れている。マツダ3の2.0ℓM-Hybridは欧州複合モード燃費が先頃発表されている。19.61km/ℓの数字は、JC08ならもう少し上の数字になるだろう。もっとも、発表されるのはWLTCのモード燃費になるので、JC08モード燃費と横並びで比較できないが……。


 最後に、インテリアもお見せしておこう。

マツダ マツダ3HB

トヨタ・カローラスポーツ

ホンダ・シビックHB

スバル・インプレッサスポーツ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します