現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 間もなく登場の新型レガシィで、ついに消えるスバルの水平対向6気筒。EZ36型が終焉を迎える

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.2

間もなく登場の新型レガシィで、ついに消えるスバルの水平対向6気筒。EZ36型が終焉を迎える

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

間もなく登場する七代目スバル・レガシィ。デビューは2月7日に開幕するシカゴ・オートショーだ。SPG(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用する上級モデルの登場に期待が集まるが、新型レガシィのデビューが意味するのは、スバルの水平対向6気筒エンジンの終焉である。

 新型レガシィは、北米をメイン市場にするスバルにとって重要なモデルだ。5年ぶりにフルモデルチェンジを受けて登場する七代目レガシィは、SGPを採用する。エンジンは、おそらく2.5ℓ水平対向4気筒NAのFB25と、2.4ℓ水平対向4気筒直噴ターボのFA24になるだろう。

    ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンともに正味最高熱効率50%超を「産産学学連携」で達成

 現行六代目レガシィ(日本ではレガシィB4)のエンジンはFB25型とEZ36型3.6ℓ水平対向6気筒NAの2種類(レガシィB4はFB25のみ)を用意していたが、新型ではFB25とFA24のふたつの水平対向4気筒エンジンになる、と予想される。

 これが意味するのは、明確だ。

スバルの水平対向6気筒エンジンの終焉

 である。
 EZ36型3.6ℓ水平対向6気筒からFA24型2.4ℓ水平対向4気筒ターボエンジンへダウンサイジングを図ることによって、ついにスバルから水平対向6気筒エンジンが消えることになる。

 すでに日本ではカタログから落ちていた(先代五代目のレガシィアウトに3.6というグレードがあった)。北米ではトライベッカに搭載していたが、アセントになってFA24へ移行した。最後までEZ36型水平対向6気筒エンジンを搭載していたレガシィ/アウトバックがモデルチェンジすることで、スバルの水平対向6気筒エンジンの歴史が終わるわけだ。

 これで、量産車向けに水平対向6気筒エンジンを生産するのは、ポルシェだけになる。


EZ36とはどんなエンジンだったのか?

エンジン形式:水平対向6気筒DOHC
エンジン型式:EZ36
排気量:3629cc
ボア×ストローク:92.0×91.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:260ps(191kW)/6000rpm
最大トルク:335Nm/4000rpm
給気方式:NA
カム配置:DOHC
吸気弁/排気弁:2/2
バルブ駆動方式:直接駆動
燃料供給:PFI(ポート噴射)
可変バルブタイミング機構:In/Ex


 スバル最後の水平対向6気筒となるEZ36は、3.0ℓのEZ30の排気量アップしたエンジン。EZ30は、スバル初のチェーン式カムシャフト駆動を採用するなど、全面的に刷新されたエンジンだった。
 ダイレクトバルブ駆動ながら、可変バルブタイミングを実現する機構が追加されるなどの変更を経て、2007年に排気量をアップしてEZ36になった。吸排気ダブルAVS(可変バルブタイミング機構)を装備したことで可変リフトは廃された。斜め割りコンロッドの採用など、見所の多いエンジンだった。


ER27型2.7ℓ水平対向6気筒SOHC

 そもそも、スバルの水平対向6気筒エンジンは、2.7ℓのER27型から始まる(1988年)。そう、アルシオーネに積むために開発されたエンジンだ。


エンジン形式:水平対向6気筒SOHC
エンジン型式:ER27
排気量:2672cc
ボア×ストローク:92.0×67.0mm
圧縮比:9.5
最高出力:150ps/5200rpm
最大トルク:210Nm/4000rpm
給気方式:NA
カム配置:SOHC
吸気弁/排気弁:1/1
バルブ駆動方式:直接駆動
燃料供給:PFI(ポート噴射)


EG33型3.3ℓ水平対向6気筒エンジン

 その後、アルシオーネSVXのために、EG33型が登場(1991年)。排気量は3.3ℓだ。EG33は、EJシリーズに2気筒を追加した構成を採っていた。


エンジン形式:水平対向6気筒DOHC
エンジン型式:EG33
排気量:3318cc
ボア×ストローク:96.9×75.0mm
圧縮比:10.0
最高出力:240ps(177kW)/6000rpm
最大トルク:309Nm/4800rpm
給気方式:NA
カム配置:DOHC
吸気弁/排気弁:2/2
バルブ駆動方式:直接駆動
燃料供給:PFI(ポート噴射)


EZ30型3.0ℓ水平対向6気筒エンジン

 EG33型の後継が、今回生産が終わるEZ36の前型の3.0ℓ水平対向6気筒のEZ30型だった。最初に積んだのは、レガシィランカスター6だった(2000年)。


エンジン形式:水平対向6気筒DOHC
エンジン型式:EZ30
排気量:2999cc
ボア×ストローク:89.2×80.0mm
圧縮比:10.7
最高出力:250ps(184kW)/6000rpm
最大トルク:289Nm/4000rpm
給気方式:NA
カム配置:DOHC
吸気弁/排気弁:2/2
バルブ駆動方式:直接駆動
燃料供給:PFI(ポート噴射)
可変バルブタイミング機構:In/ ×


 ひとつの時代の終わりと言ったら少し大げさかもしれないが、ER→EG→EZと続いたスバル水平対向6気筒エンジンの系譜はこれで終わるのである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2019/02/03 07:41

    違反報告

    6気筒エンジンを知らない世代が増えるのは、機械技術者として寂しいところだ。
    何が高級エンジンなのか、理解してから4気筒、3気筒に乗ると自動車の見方が変わって来る。
  • ext*****|2019/02/03 06:40

    違反報告

    4代目レガシィTWのGTを買う時2Lターボか3L6気筒にするか迷った時がある、価格も大差なかったが税金面で3Lは諦めた、試乗した時のエンジンの静かさとターボとは違う加速が良かった。
  • tak*****|2019/02/03 06:49

    違反報告

    エンジンの気筒数は減少方向ですよね。
    ニッサン シーマ V8なんてのも昔はあったし。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します