現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルクスワーゲンが現代版「デューン・バギー」をジュネーブで発表 電気自動車専用プラットフォームの可能性を示す最新作

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.2

フォルクスワーゲンが現代版「デューン・バギー」をジュネーブで発表 電気自動車専用プラットフォームの可能性を示す最新作

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■2019年に生産開始予定の「ID」と共通の電気自動車専用プラットフォームを使用

 フォルクスワーゲンは、2019年3月に開催される第89回「ジュネーブモーターショー」で同メーカーの電気自動車専用プラットフォーム「MEB」を用いた「デューン・バギー」を発表します。

    ボルボの新型SUV「XC40」がリアルに凄い! 全てに完璧を求めるボルボの自信作

 1960年代に、サーファーを中心に人気を博した「デューン・バギー」は、ビートルのシャシーをベースにFRP製のボディを組み合わせたもので、当時カスタムカーを手掛けていた「Bruce Meye」(ブルース・メイヤー)が1963年に製作した「MEYER MANX」(メイヤーズ・マンクス)がその起源とされています。

 その後、1966年にはアフターマーケットパーツメーカー「EMPI」社が同様にカスタムした「EMPI imp」を登場させることで、市場はさらに活性化しました。また、「MEYER MANX」と「EMPI imp」の外観上の違いはフロントフェンダーにあり、前車ではフラット、後者では丸みのあるデザインが採用されています。

 フォルクスワーゲンがショーに先駆け公開したイメージ写真を見る限りでは、今回の車両のフォルムは1960年代に手掛けられたマシンから強く影響を受けていることが分かります。また、同モデルでは当時とは異なり、同メーカー最新の電気自動車専用プラットフォーム「MEB」をベースに構築されるようです。

 フォルクスワーゲンはこれまでにも「MEB」の可能性を示すため、過去に販売されたトランスポーター「タイプII」を模した「ID.Buzz」や、SUV型の「ID.CROZZ」など同プラットホームを用いたコンセプトカーを手掛けてきましたが、この「MEB」は2019年に生産を開始する予定の電気自動車「ID」で初採用されると発表されています。

■電気自動車専用プラットフォーム「MEB」の持つ可能性

 フォルクスワーゲンが過去に販売していた初代「ビートル」は、「デューン・バギー」のほか、メキシコのバハ・カリフォルニア州にあるバハ・カリフォルニア半島で行われるレースで活躍した「バハ・バグ」や、ドイツ「ヘブ・ミューラー」社の手により製造された2シーターカブリオレモデルのベースに採用されるなど、その高い柔軟性で様々な姿へとカスタムされた経緯を持ちます。

 それと同様に、ここ数年のEVコンセプトカーを見る限りでは電気自動車専用プラットフォーム「MEB」には初代「ビートル」と同じような柔軟性を感じることが出来ます。今後、フォルクスワーゲンが同プラットフォームを用いてどのような車種を展開してくるのか、関心が高まるばかりです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します