現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【極東開発工業】冬季の道路凍結を防止する湿塩散布車を開発

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.22

【極東開発工業】冬季の道路凍結を防止する湿塩散布車を開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

極東開発工業株式会社は、路面凍結による冬季のスリップ事故を防ぐための凍結防止剤を散布する「湿塩散布車」を開発した。湿塩散布車は、高速道路や自動車道等において降雪や寒冷による路面凍結を防ぐため、塩化ナトリウムと溶液を混合した凍結防止剤を散布する車両で、凍結に起因するスリップ事故を予防するために重要な役割を担っている。

 高速道路や自動車道等において降雪や寒冷による路面凍結を防ぐため、その対策として道路凍結防止剤を散布する光景を見たことはあるだろう。従来は、固形剤や溶液剤を散布していたが、走行風などで飛散するなどの課題があり、現在は、それぞれの利点を組み合わせて、シャーベット状で散布する、「湿塩散布」という方法が主流となっている。即効性と散布量を減らす効果がある。

    ザイリンクス:BaiduのエッジAIアプリケーションに採用


 極東開発工業の開発した新機種の湿塩散布車は、スタイリッシュさと外面に水や雪が溜まりにくい実用性を併せ持った当社独自の曲面タンクを採用。防錆性および耐腐食性を考慮したストローク計内蔵シリンダー、およびステンレス製散布口のほか、操作パネルにディスプレイを採用し直感的な操作を可能とするなど、冬場の過酷な現場においても使いやすく、タフな作業を支援する工夫がなされている。

機能の詳細は下記のとおり。



1.スタイリッシュさと実用性を併せ持った曲面タンク

溶液を積載する本体側面の樹脂製タンクは、独自の曲面タンク形状を採用している。スタイリッシュな外観と、外面に水や雪が溜まりにくい実用性を兼ね備える。また、塩化ナトリウムを積載するホッパ部は電着塗装(ED 塗装)を行ない、防錆性を高めているほか、天蓋はキャブ内から電動開閉操作が可能となっている。



2.ディスプレイを採用した操作パネル

操作パネルにディスプレイを採用し、直感的な操作を可能にしている。すっきりとした操作周りと実用性を両立させ、厳しい冬季の現場における作業の正確性と迅速性を支援する。



3.耐腐食性を考慮したストローク計内蔵シリンダとステンレス製散布口
ストローク計内蔵シリンダのほか、凍結防止剤の散布口をステンレス製とし、耐腐食性を向上させている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します