現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ぜいたくなスーパーカーを求めるならコレで決まりだ!──アストンマーティン DB11 ヴォランテ試乗記

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.22

ぜいたくなスーパーカーを求めるならコレで決まりだ!──アストンマーティン DB11 ヴォランテ試乗記

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンが2016年3月に発表した「DB11」は、従来の「DB9」に代わるモデルだ。DB11は“ある理由”で、発表時大きな注目を集めた。「DB10」の名がすっとばされたのもさることながら、1番はメルセデスAMGが手がけた4.0リッターV型8気筒エンジンが採用されたからだ(ちなみに、DB10の名はすっとばされたのではなく、007シリーズ『スペクター』用に、コンセプトモデルとして作られている)。

「AMG GT」も搭載する4.0リッターV型8気筒エンジンは、最高出力510ps、最大トルク675 Nmを発揮。アストンマーティンのなかでもっともスポーティなモデル「ヴァンティッジ」も、同じエンジンを搭載する。

    アストン・マーティンのSUV、ついに姿をあらわす!──その名も「DBX」だ!

なお、AMG GTのエンジンとは異なる部分もある。たとえばエンジンオイルの供給方式は、AMG GTがドライサンプ式に対し、DB11はウェットサンプ方式を採用する。

今回、DB11の試乗とともに、ヴァンティッジとV型12気筒エンジンを搭載するDBSも試乗した。それらとの比較によって、DB11の立ち位置や性格をさらによく理解出来た。

たとえば、DB11に対しヴァンティッジは、まさに純粋なスポーツカーと。DB11のホイールベースは2805mmであるが、ヴァンティッジは2704mmしかない。しかも2シーターだから、DB11に比べ旋回性能などは高い。

だからヴァンティッジとDB11を比較すると、とくにサーキットにおける走りはヴァンティッジのほうが冴えている。DB11の場合、主眼はオープン・ロードでの快適な乗り心地とほどよいスポーツ性の総合におかれている。とはいえ、ドライブモードを「スポーツ」にすると、相当にスポーティで、サーキットであってもドライブを楽しむのに不足はない。

ぜいたくな1台

では、DB11の魅力はなにか? それは、走りとともに快適性と実用性を両立している点に尽きる。たとえば足まわりは、すこしソフトなかんじがDB11の身上だ。私はそれゆえに気に入っている。同じエンジンを使っていても、だいぶ違う乗り味だ。

2000rpmから675Nmの最大トルクを発生するエンジンは、素晴らしい加速感をもたらすいっぽう、安逸に走れるのもよい。実に扱いやすいのだ。

サスペンションはしなやかに動き、乗り心地を良くするべく、ロールを多少許容する。太いトルクと相まって、あらゆる場面で快適だ。

試乗車はフルオープンの「DB11ヴォランテ」だった。DB11のソフトな操縦特性や乗り心地と、フルオープンのボディはベストマッチであると思う。アストンマーティンはそもそも、高級なGTを得意としてきたメーカーだ。ぜいたくさの本質がわかっている。

ぜいたくな雰囲気をさらに高めるのは、インテリアだ。試乗車のインテリアカラーは、絶妙な色合いのブルーで仕上げられていたが、ほどほどの派手さがいい。

シートもぜいたくな創りだ。流れるような模様が特徴のステッチ、そしてバックレストの裏の木目パネルが個性を強める。しかも、それらソフトトップを開けるとそれらすべてが見えるようになっている。外からみた方が美しいのは言うまでもない。

ちなみに、もっとぜいたくな仕様にも仕立てられる。「Q」と呼ぶ、カスタムオーダーサービスを使えば、自分好みの1台を作り上げられるからだ。

DB11はぜいたくであるとともに、高い快適性も備える。リモートコントロールでトランクリッドを開けられたり、最新のインフォテインメントシステムが備わっていたりと、マテリアルのみならず機能面もぜいたくであるのだ。

価格はDB11クーペ(V型8気筒エンジン搭載モデル)が2278万1177円で、オープンモデルのヴォランテが2423万2276円だ。ポルシェでいえば「911カレラ4Sカブリオレ」(1913万円)や、「911ターボカブリオレ」(2533万円)と競合する価格だ。

ちなみに、基本的にはおなじエンジンを搭載するメルセデスAMGの「GTロードスター」は1854万円、よりパワフルな「GT Cロードスター」は2323万円である。

とはいえ、価格帯こそ近いかもしれないが、これらのクルマはどれも操縦感覚が違い、キャラクターが明確に異なる。そこがおもしろい。なかでも、DB11はほどよくスポーティで、なおかつ高い実用性&快適性を誇るのが大きな特徴だ。快適なスーパーカー(GTといったほうがふさわしいかもしれないが)を求める向きに勧めたい1台である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 小川フミオ)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kaz*****|2019/01/22 21:25

    違反報告

    やっぱりV12ヴァンテージSのMTが好き。
  • fuk*****|2019/01/23 15:28

    違反報告

    今から10年くらい前に2006年式のDB9の中古を買って乗っているが、飽きのこないスタイル、サウンド、大人のクーペとして気に入っています。加速等は現在のスポーツかーと比べれば大したことはありませんが、大したトラブルもなく(一度ハーネスがいかれて、ガスケット、プラグで出費したことがあるくらいで)、日常のメンテもそれほどかからずいい車だと思います。アストンは数が少ないため、古くなっても、街中で色褪せしません。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します