現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 5.2リッターV8エンジン搭載! これぞアメ車の本流「シェルビーGT500」デトロイトショーにて発表

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.22

5.2リッターV8エンジン搭載! これぞアメ車の本流「シェルビーGT500」デトロイトショーにて発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■バーンアウト必死!700馬力オーバーのパワーを持つマスタング発表!

 米国・ミシガン州で開催中のデトロイトショーにてフォードは、フォードパフォーマンスによって設計された第三世代新型「シェルビーGT500」を発表しました。

    トヨタ新型「スープラ」の素顔初公開! 伝統の直6エンジンはそのままに究極のスポーツカー誕生

 シェルビーGT500には、手作業で製造された、5.2リットルV8エンジンに2.65リットルのスーパーチャージャー、7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせ最高出力700PS以上発生させています。

 シェルビーGT500のコンピューター制御7速DCTは、1/10秒未満の変速を可能とし、高出力とトルク伝達、そしてパワートレイン制御を両立しています。

 このDCTは、フルオートマチック、セミオートパドルシフトモード、フルマニュアルパドルシフトの3種から選択できます。

 フォードの高性能車両プログラム担当グローバルディレクター、ヘルマン・サレンバウチ氏は、次のように述べています。「スーパーカーレベルのパワートレインを搭載した新型シェルビーGT500は、これまで最もパワフルで路上走行可能なV8エンジンを開発設計、最高の精度とスピードを追求し、アメリカ製パフォーマンスカーの中に新たなスタンダード確立しました」

 フォードパフォーマンスのノウハウで調整され戦闘機を思わせる機能的で威嚇的なエクステリアデザインは、大きな開口部を持つダブルフロントグリルや筋肉質なボディに最先端の空力パーツを採用することでパフォーマンスの向上を実現しています。

 シェルビーGT500の専用インテリアは、レースにヒントを得た素材やカーボンファイバー製インストルメントパネルなどを装備しています。シートには、コブラのマークが刺繍され、パワー調整可能なレカロ専用シートを採用し、ドライバーに最高レベルのパフォーマンスを提供します。

 2020年のシェルビーGT500のカラーリングは、レッドホット、ツイスターオレンジ、アイコニックシルバーの3色が設定されています。

 キャロルシェルビーはオリジナルのシェルビーGT500を「私が本当に誇りに思う最初の本物の自動車」と呼びました。第3世代となる2020年のマスタングは、キャロルの誇りを新世代へ引き継ぎます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します