現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 朔日参りの朔日餅をここで食べられる!! 東名阪道EXPASA御在所

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.22

朔日参りの朔日餅をここで食べられる!! 東名阪道EXPASA御在所

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊勢神宮に毎月1日にお参りする「朔日参り」。それに合わせて赤福が限定で発売する『朔日餅』もまたファンが多い。人気の朔日餅を東名阪自動車道EXPASA御在所下り線の赤福のお店で食べることができる。

「一生に一度はお伊勢参り」というくらい、今も昔も伊勢神宮にお参りしたいという人は多く、何度も参詣に訪れる人も少なくない。お参りした際に人気なのが店の名前にもなっている「赤福」だ。その赤福の、伊勢神宮内宮に通じるおかげ横丁の本店で、元日(1月)を除く毎月1日に早朝から販売されるのが朔日餅だ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

赤福から参拝者への労いともてなし。そんなことを感じるこのお菓子、毎月種類が異なる。季節や、暦などを意識して素材選びや細工がなされている。毎月1日にはこれを買い求める人の為に臨時駐車場が設けられ、店舗との間にシャトルバスが走るほどだ。

実は、筆者も少し前に朔日参りに訪れることができた。その際に朔日餅も購入した。未明から五十鈴川にかかる新橋をまたいで列をなすほど人気の商品だ。購入するにはこの列に並ぶほかないと思っていたのだが、なんと、東名阪自動車道のEXPASA御在所上り線にある赤福のお店でも食べられるというのだ。

店の人によれば「毎月1日の正午からこちらでもお出ししています」とのこと。ただし、お土産用に購入することはできない。縁台に座って、朔日餅とお茶で一息つけば、心だけはお朔日参り、となるかもしれない。

EXPASA御在所上り線の赤福では、普通の赤福に加え、冬は赤福ぜんざいも楽しむことができる。小腹がすいたとき、また食の細い方、中途半端な時間だが何かおなかに入れたいときといった、高速道路で起こりがちな「空腹問題」にも、ちょうどいいサイズの赤福、赤福ぜんざいはうれしいものだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 中込健太郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します