現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > わかってる感抜群! 運転女子にオススメしたい「ほどほど」スポーツモデル5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.22

わかってる感抜群! 運転女子にオススメしたい「ほどほど」スポーツモデル5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 走りだけじゃなく使い勝手も両立できるから女子向き!

 新年を迎えて、今年こそ何かスポーツを始めるぞ~! と決意している女子も多いのではないでしょうか? でも、手始めにジョギングのつもりが……、あまりの寒さに心折れて断念。それじゃホットヨガでも……、身体のラインが出てしまうウェアが着られず断念。なんてことになって落ち込んでいる女子、いませんか?

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

 それならいっそ、いつも乗るクルマでスポーツしちゃうというのはどうでしょう。普段は何気なく乗っているかもしれませんが、運転は立派なスポーツなんです。体重50kgの人が1時間運転すると、約130キロカロリーも消費するというデータがあるくらいなんですよ。ジョギングを1時間続けるなんてかなりハードだけど、運転ならちょっと足をのばして買い物やレジャーに行くだけで、らくらくクリアできそうですよね。

 しかも、運転テクニックは奥が深くて、上手な人の運転を知れば知るほど、真似しようにも簡単にはできなくて、でもちょっとできた時の喜びは大きくて、きっとハマると思います。

 それに、運転でスポーツすると言っても、最初からバリバリのスポーツカーに乗る必要もないんです。とくに女子は出かけるときの荷物が多いし、ふたり乗りのスポーツカーを買ってしまうと、日常生活でちょっと不便かもしれません。なのでここでは、女子が気軽に乗れて、運転が楽しくて、日常の使い勝手もしっかり叶えてくれる欲張りなスポーツモデルをご紹介します。

 1)スズキ・スイフトスポーツ(先代)

 まずいちばん身近なコンパクトカーの中から選ぶとしたら、スズキ・スイフトスポーツ。これなら5ドアなので後席がしっかり使えて、収納スペースも十分にあります。

 1.6リッターエンジンは女子にもパワフルすぎず、いっぱいまで使い切って走る楽しさが魅力。中古車で出回っている台数としては6速MTが多いですが、探せばATモデルもあるので、AT限定免許の女子でも大丈夫です。コンパクトカーとは思えない、ガッシリとしたコーナリングは安心感も高いので、きっと山道などへドライブに出かけるのが楽しくなりますよ。

 2)ホンダCR-Z

 お次も女子がけっこう気軽に乗りこなせるスポーツカー、ホンダCR-Z。世界初の量産ハイブリッド・スポーツカーとして2010年にデビューし、1.5リッターエンジン+モーターに6速MTとCVTが用意されています。

 CR-Zの良いところは、2+2シーターというところ。ちょっと大人が乗るにはタイトな後席スペースですが、運転席に座る前に脱いだコートとか、大きなバッグなんかはサッと後席に置いておけるし、子供なら余裕で座れるのでママにもオススメ。収納ポケットもスポーツモデルとしては多めですが、マイナーチェンジ前の前期モデルはドアポケットがちょっと使いにくいので、後期モデルの方がいいでしょう。

 じつは私もCR-ZのCVTモデルを発売と同時に購入し、走行距離13万kmを越えた今も気に入って乗っています。発売当時はホンダ史上もっとも運転視界が広い、と言われただけあって、前方や左右の見切りがいいので、市街地でも運転しやすいところも女子向きです。

 ひと目で違いを感じられるオシャレなラテン車もアリ

 3)マツダRX-8

 続いては、もうちょっとスポーツカーっぽい見た目やメカニズムにこだわりたいという女子にオススメな、マツダRX-8。往年の名車、マツダRX-7の後継モデルだっただけに、低くワイドなスタイリングはどこから見てもバリバリのスポーツカー。

 エンジンルームに収まるのは、多くのスポーツカー好き男子をトリコにした、マツダ独自の技術であるロータリーエンジンです。MTとATが用意されていて、パワフルで気持ちのいい走りは病みつきになるほど。

 でもじつはドアが観音開きになっていて、ちゃんと後席があります。こちらは大人でもなんとか座れるくらいのスペースで、トランク容量も大きめなのでドライブ旅行でも活躍しますね。

 4)アルファロメオ・ミト

 さて、国産車が続きましたが、運転でスポーツを楽しむにあたって、感受性の豊かな女子にこそ触れて欲しいのがラテン系の国のクルマたち。とくにイタリア車は、そもそもDNAからしてすでに「スポーツ」が組み込まれているのではと思うくらい、どんな小さなクルマに乗っても走るのが楽しく、夢中にさせてくれる何かがあるんです。

 なかでもスポーツモデル初心者の女子にオススメなのは、アルファロメオ・ミト。「ベイビーアルファ」の謳い文句で登場しただけあって、全長約4m、全幅約1.7mで運転しやすいのが嬉しいところ。1.4リッターターボエンジンは街中から高速までちょうどいいパワフルさで、MTもATも選べます。

 その走りは、クルマのことがよくわからない女子でも、何かが違うと実感できる硬派なもの。運転しているうちに、身体中に熱い血がたぎってくる感じがアルファロメオです。

 それに、シートはしっかりと身体をサポートしてくれる、サイドが張り出した形状で小柄な女子でもヤンチャに走って大丈夫。そして、革製品の歴史や技術に定評のあるイタリアならではの、キャメルレザーのウットリするようなシートなど、小さなクルマでもインテリアはちゃんとエレガントなのが、乗るたびに満足感を与えてくれると思います。

 5)ルノー・ルーテシアR.S.

 そしてもう1台、ラテン系の国・フランスからやってきたルノー・ルーテシアR.S.も女子にはぜひ乗って欲しいスポーツモデル。ベーシックなルーテシアも、運転しやすくて使い勝手もよくてオススメですが、この「R.S.」はルノー・スポールの略で、かつてはF1グランプリの常勝チームだったルノーのモータースポーツ部門が手がけた、特別なモデルです。

 ベースモデルが1.2リッターのところ、1.6リッターエンジンが搭載されたルーテシアR.S.はとってもパワフル。ガッシリとしたコーナリングと相まって、山道を走るのも楽しい上に、高速道路での余裕あるクルージングは快適そのものです。

 MTモード付きのATで、「ノーマル」「スポーツ」「レース」と3つの走行モードが選べるので、その日の気分で楽しめるし、たくさん練習してサーキットデビューするぞ、なんて目標を高く持ちたい女子にもピッタリです。他にはない、オレンジ色のシートベルトも、乗るたびに気分をアップしてくれますよ。

 というわけで、寒くもなく特別な道具もいらず、好きな時間に好きな場所でできちゃうスポーツ、それが運転です。気に入ったクルマがあれば、家にこもらずあちこち出かけることで、きっと新しい出会いや発見がたくさんあるはず。ご紹介したクルマは中古車での価格も手頃なので、ぜひトライしてみてくださいね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP まるも亜希子)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します