現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニのピックアップ? 未来の自動車業界を担う、若者が製作した独創の1台

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.22

ランボルギーニのピックアップ? 未来の自動車業界を担う、若者が製作した独創の1台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年の『NATS EXTREME』が大変貌

 昨年の大阪オートメッセ2018では、ピックアップトラック風のトヨタ・ヴェルファイアを展示。会場で大きな注目を集めたのが、NATS(日本自動車大学校)の学生たちが手がけた独創的なカスタマイズカーである。 そんな彼らは東京オートサロン2019では10台のマシンを出展し、訪れたギャラリーを大いに沸かせた。なかでも視線を集めていた、スポーツピックアップ『Urus86』を紹介しよう。

    ヴェルファイアのピックアップトラック版が生まれたとしたら?【大阪オートメッセ2018】

「トヨタ86をベースにどこにもないカスタムカーを作る」。そんなコンセプトで製作がスタートし、6名の学生が半年の期間をかけて完成させたマシンだ。ベースになったのは2014年の東京オートサロンに出展したトヨタ86をベースにした『NATS EXTREME』。 いまや人気車種である86はチューニングもドレスアップも、あらかたの手法は出尽くした感がある。そこで誰もが考えもしないであろう、リフトアップという手段を選択したのだ。 さらに昨年の東京オートサロンで話題になった、トヨタ・カムリをベースにしたホールデン風トラックと同様、リヤはクーペからピックアップボディに変更。それだけでもインパクトは十分と思われるが、フロントバンパーはランボルギーニ・ウラスをイメージしてイチから作り上げたという。 その部分だけでも約4カ月の期間を費やしたというが、苦労の甲斐あって86の面影はシッカリと残しつつ、狙いどおりランボルギーニの雰囲気をまとっていた。 車重はノーマルのカタログ値から100kgほど増えており、パワー不足を補うためトラスト製ターボキットでパワーアップ。また、足まわりはワンオフと思いきや、『NATS EXTREME』時代の車高調が思いのほか調整幅が広く、現時点では目いっぱいに車高を上げただけとのこと。

 大掛かりな改造を施してはいるものの、NATSが作るカスタムカーはすべて実習の一環として車検を取得し、公道走行まで実施することになっている。 つまり見た目のハデさだけを追求するのではなく、安全性などにも配慮した設計なのも注目すべき。このクルマがナンバーを取得して、ストリートを疾走する日がじつに待ち遠しいではないか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します