現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイブリッドはここまで安くなった! 200万円以下のハイブリッド車5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.20

ハイブリッドはここまで安くなった! 200万円以下のハイブリッド車5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■200万円を下回るハイブリッド車5選

 トヨタが量産世界初のハイブリッド車「プリウス」を発売したのが1997年と、もう20年以上も前になります。

    ミニバンは嫌、でも7人乗り欲しい… 200万円台から選べる話題の「3列シートSUV車」5選

 初代「プリウス」の燃費は28.0km/L(10・15モード)で、価格は215万円でした。当時は燃費も驚くべき値でしたが、モーターとバッテリー、インバーターを搭載しながらこの値段に抑えたことは、他メーカーにとって不可能といえるほどのインパクトがありました。

 そこから20年間の技術の進歩は目覚ましく、28.0km/Lという燃費はJC08モードのガソリン車でも可能となり、装備を充実させながら低価格化も進んでいます。

 そこで、最新のハイブリッド車のなかから、200万円以下(すべて消費税込)のモデル5台をピックアップして紹介します。

●スズキ「クロスビー」176万5800円から

 スズキ「クロスビー」は同社の人気軽自動車「ハスラー」のデザインをモチーフにしたクロスオーバーSUVとして2017年に発売されました。

 グレードは2種類ありますが、どちらも1リッター3気筒ターボエンジンのマイルドハイブリッドとなっています。スズキのマイルドハイブリッドは軽自動車を中心に広く展開していますが、仕組みは普段発電に使用する発電機を、加速時にモーターとして使用し、エンジンをアシストするようになっています。

 モーターのみの走行はできませんが、システムがシンプルで小型・軽量化でき、価格も低くできるメリットがあります。

 燃費はJC08モード(以下同様)で22.0km/L、4WD車で20.6km/Lになります。なお、4WD(HIBRID MX)も200万円を切る190万8360円で販売されています。

■登録車トップ2の「アクア」と「ノート」

●トヨタ「アクア」178万5240円から

「プリウス」よりも小型で5ナンバーサイズとしながら、同等のハイブリッドシステムを搭載した「アクア」は2011年に発売されました。

 パワートレーンは74馬力の1.5リッター4気筒エンジンに、61馬力のモーターを組み合わせ、システムトータルが発揮できる最高出力は100馬力となります。

「アクア」はモーターのみのEV走行が可能で、坂道や加速で大きな負荷がかかった時はエンジンとモーターのパワーで走ることもできます。

 燃費性能はクラストップレベルの38.0km/L(Lグレード)を実現。発売から8年経ったいまも販売台数は12万台6561台(2018年自販連調べ)を記録し、登録車で2位となっています。

●日産「ノートe-POWER」190万1880円から

 2019年になってすぐ、日産「ノート」が暦年販売台数1位となったというニュースが報道されました。日産にとって48年の快挙です。

 その偉業をなしえたのは「ノートe-POWER」の存在です。「ノート」は2012年に販売されたコンパクトカーですが、2016年にエンジンで発電してモーターで走行する「e-POWER」が加わりました。

 日産では「ノートe-POWER」を電気自動車のひとつに位置づけていますが、エンジンが発電にのみ使用される「シリーズハイブリッド」にカテゴライズされます。

 モーターの出力は95馬力で、1.5リッタークラスのガソリン車と比べても平凡なパワーですが、ゼロ発進付近からすぐに2リッターターボエンジンに匹敵する大トルクを発生するモーターの特性から、とくに市街地でストレスのない走りに定評があります。

 それでいて燃費は37.2km/L(e-POWER Sグレード)を実現しているので、2018年に日本で1番売れた登録車に輝いたのもうなずけます。

■ユーティリティの高さや、走りのよさで選ばれる2台

●ホンダ「フィット ハイブリッド」169万9920円から

 ホンダのベーシックカーとして2001年に発売された「フィット」も、現行モデルで3代目になります。ハイブリッド車は2代目で初登場していますが、モーターはあくまでもエンジンをアシストするのみとなっていました。

 これではライバルのアクアに対抗できず、2013年にフルモデルチェンジした際、EV走行もできるハイブリッド車に生まれ変わりました。

 ベースグレードの燃費は37.2km/Lと「アクア」には一歩およびませんが、「フィット ハイブリッド」は7速DCTを搭載してダイレクトな感覚の走りが期待できます。

 また、「アクア」にはない4WD車が用意され、189万4320円と200万円未満で販売されていますので、雪国の足としてアドバンテージがありそうです。

 さらに「フィット ハイブリッド」は室内の広さにも定評があるので、コンパクトカーとしての居住性と荷物の積載性に優れています。

●スズキ「スイフト ハイブリッド」166万8600円から

 現行のスズキ「スイフト」のパワートレーンはとても多様化されています。具体的には1.2リッターエンジン、同エンジンのマイルドハイブリッド、同エンジンのハイブリッド、1リッターターボエンジン、と合計4種類にもなります。

 マイルドハイブリッドは前出の「クロスビー」と同様なシステムですが、ハイブリッドでは駆動専用モーターを装備し、モーターアシストとEV走行が可能になっています。

 また「スイフト ハイブリッド」の特徴として、組み合わされるトランスミッションが「オートギヤシフト(ASG)」となっていることが挙げられます。

 ASGは一般的にAMT(オートメーテッドMT)と呼ばれるもので、MTのトランスミッションをベースに、クラッチ操作とシフト操作が自動化されたものになります。

 価格が安く、軽量コンパクトで、MT同様のダイレクトな感覚の走りもでき、DCTより変速速度が劣りますが、コンパクトカーに適したトランスミッションとして採用されました。

 燃費は32.0km/Lと「アクア」「フィット」にはおよびませんが、何よりも166万8600円と安価で、かつハイブリッド車でありながら940kgという軽量な車体による走りのよさから、「スイフト ハイブリッド」を選ぶ価値はあると思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します