現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ケンウッド 彩速ナビ、特定販路向け2019年モデル発売へ…初のハイレゾ対応

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.16

ケンウッド 彩速ナビ、特定販路向け2019年モデル発売へ…初のハイレゾ対応

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケンウッドは、AVナビゲーションシステム「彩速ナビ」の特定販路向けモデル「タイプD」シリーズ、2019年モデル9機種を1月下旬より順次発売する。

新機種は、自動車販売/カーリース/レンタカー業界などを対象とする特定販路向けに展開する彩速ナビゲーション「タイプD」シリーズの2019年モデル。フルセグ・Bluetooth内蔵の「MDV-D706BTW/D706BT」、ワンセグ・Bluetooth内蔵の「MDV-D406BTW/D406BT/D306BT」、ワンセグ内蔵の「MDV-D306W/MDV-D306」、Bluetooth内蔵の「MDV-D206BT」、ワンセグ・Bluetooth非搭載の「MDV-D206」、計9モデルを用意する。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

今回発売するタイプDシリーズの2019年モデルは、彩速ナビならではの高画質、高速レスポンス、使いやすいメニュー表示、多彩なナビ&AV機能を継承しつつ、ナビ連携型ドライブレコーダーやリアビューカメラ、ETC車載器との連携にも対応。販売車両やレンタル車両に安心・安全運転をサポートする機能の装備を可能にする。

上位モデルのMDV-D706BTW/D706BTは、タイプDシリーズでは初となるハイレゾ音源の再生にも対応。また、独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」の搭載に加え、高画質映像を実現する「光沢パネル」も採用し、高品質なAV再生を楽しむことができる。操作面ではハイエンドモデルで好評の直観的でスムーズな操作が可能なアクティブオーバーレイGUIを採用。さらに、前方・後方録画が可能な同社製ナビ連携型ドライブレコーダーにも対応するなど、高いコストパフォーマンスを実現する。

価格はオープン。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します