現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「スープラ」の素顔初公開! 伝統の直6エンジンはそのままに究極のスポーツカー誕生

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.16

トヨタ新型「スープラ」の素顔初公開! 伝統の直6エンジンはそのままに究極のスポーツカー誕生

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■世界中が待ち望んだ新型スープラ

 トヨタは、新型車「スープラ」を正式モデルを米国で2019年1月14日から開催されている「デトロイト・モーターショー」でカモフラージュを外した市販仕様を世界初披露しました。

    トヨタ クラウン史上最大の失敗作? 4代目クラウンは本当に駄作だったのか

 今回のスープラは、トヨタのモータースポーツブランド「TOYOTA GAZOO Racing」が展開する「GRシリーズ」初のグローバルモデルです。

 新型「スープラ」の特徴は、ピュアスポーツカーとしての基本素性を追求し、内外装をスポーツカーらしいパッケージ・レイアウトの特徴を活かしたデザインです。

 とくに、卓越したハンドリングや安定したコーナリング姿勢を実現するために、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターとし、ピュアスポーツカーとしての理想を追求するため、ホイールベースを水平対向エンジンを搭載したトヨタ「86」よりも100mm短い2470mmを実現しています。

 新型「スープラ」のボディサイズは、全長4380mm×全幅1865mm×全高1290mm(1295mm)。グレードラインナップは、スープラ伝統の直列6気筒3リッターガソリンエンジンを搭載する「RZ(最高出力340PS/最大トルク51.0kgf・m)」。直列4気筒2リッターガソリンエンジンを搭載する「SZ-R(最高出力258PS/最大トルク40.8kgf・m)」、「SZ(最高出力197PS/最大トルク32.6kgf・m)」の3種類です。

 チーフエンジニア・多田哲哉氏は「走る楽しさを極めたピュアスポーッカーを追求しました。馬力やサーキットのラップタイムのような数値だけを追い求めるのではなく、いかにドライバーが車両と一体となって運転する楽しさを感じられるか、という感性性能を重視しています」と話しています。

 BMWとの共同開発によって生まれた新型「スープラ」。すでに、世界のさまざまなモータースポーツカテゴリで活躍する準備が進んでいるとのことです。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します