現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス GLAクラス、BMW X2など。新型レクサスUXのライバル欧州車は?

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.13

メルセデス GLAクラス、BMW X2など。新型レクサスUXのライバル欧州車は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラッグシップのLXを筆頭に、プレミアムSUVのRXと、扱いやすい大きさが魅力のNXという3タイプのSUVをラインナップしているレクサスに、「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトに掲げ、新しく仲間入りをはたしたモデルがUXです。欧州のCセグメントに合致するUXには、どのようなライバルが存在するのでしょうか?文・西山昭智

ライバルひしめく欧州Cセグメント

    C-HRのレクサス版!?「UX」が、3月のジュネーブでついにアンベール!

2018年11月に、日本国内での販売が開始されたUX。レクサスでは、もっともコンパクトなSUVです。
トヨタのプリウスやCH-Rと同じGA-Cプラットフォームを使ったUXのボディサイズは、全長4,495mm×全幅1,840mm×全高1,540mm、ホイールベース2,640mm。日本の駐車場事情を考慮した全高も、人気を後押ししています。
搭載する新開発の2.0L 直列4気筒エンジンは、ガソリンとハイブリッドモデルに仕様を変えて搭載。トランスミッションは、ガソリン車にダイレクトシフトCVT、ハイブリッド車は電気式無段変速機が採用され、駆動方式はガソリン車がFF、ハイブリッド車にはFFとAWDが用意されます。
ロントグリルにはスピンドルグリルを採用し、インテリアには日本の伝統的な技法である刺し子をモチーフにしたステッチなどが施されるなど、随所にレクサスらしい意匠が施されており、コンパクトSUVながら質感の高い仕上がりとなっています。
車両価格は390万円~535万円で、メインの価格帯は400万円台が中心です。
このレクサス UXが属する欧州Cセグメントは、さまざまなモデルが存在する激戦区です。そのようなセグメントのなかから、UXのライバルをいくつかピックアップしましょう。


メルセデス・ベンツ GLAクラス

メルセデス・ベンツは、各セグメントに魅力的なSUVモデルを投入しています。そのなかで、UXのライバルはGLAクラスです。
全長4,430mm×全幅1,805mm×全高1,505m、ホイールベース2,700mmのボディサイズに、406万円~523万円という車両価格、さらにブランド力など、UXのよきライバルといえるものとなっています。
またGLAクラスは、Aクラスから派生したSUVのため乗用車のような感覚で運転することができ、GA-Cプラットフォームによってアイポイントが低めのUXとも似たようなドライビングポジションを取ることができます。


BMW X2

欧州のSUVカテゴリーを牽引してきたBMW。2018年にX2が投入されたことで、X1からX6までラインナップが並び、今年中に登場する予定のX7を加えれば、1シリーズから7シリーズまですべてのクラスにSUVが揃います。
そのなかで、CセグメントのSUVには、X1とX2が存在しますが、UXのライバルとなりそうなのは、クーペシルエットのX2のほうです。
全長4,375mm×全幅1,825mm×全高1,535mm、ホイールベース2,670mmのボディに、車両価格は436万円~515万円。メルセデス・ベンツ  GLAクラスとあわせて、ユーザーは頭を悩ますことになりそうです。


ボルボ XC40

2018年のカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたことで、注目度が増したCセグメントのSUVが、ボルボ XC40です。2017年に引き続き2年連続でアワードを獲得したことからもわかるように、いまもっとも日本で勢いのある輸入車ブランドです。
XC40のボディサイズは、全長4,425mm×全幅1,875mm×全高1,660m、ホイールベース2,700mm。車両価格も389万円~549万円と、エントリー価格もUXに近くなっています。
ドイツ車とはまた違った北欧のデザインアプローチが、XC40の魅力です。


プジョー 3008

2016年に、新しいフォルムを纏って登場したプジョー 3008。先代とは打って変わって、SUVらしさの際立つスタイリングとなり、2017年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。
全長4,450mm×全幅1,840mm×全高1630m、ホイールベース2,675mmとUXに近しい大きさですが、車両価格は357万円~448万円と、UXよりも控えめな設定となっています。


世界的に流行している欧州Cセグメントに属するコンパクトSUVだけに、レクサス UXには、当然ながら多くのライバルが待ち構えていました。しかしそのような状況でも、UXは名だたる輸入車SUVにも引けをとらない魅力を備えています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します