現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最近搭載車が増えるパンク修理キットでは対応できないケースも! テンパータイヤのメリットとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.13

最近搭載車が増えるパンク修理キットでは対応できないケースも! テンパータイヤのメリットとは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トラブル後にかかるコストを考えてもテンパータイヤが優勢

 パンクなどのタイヤのトラブルで、走行し続けることができなくなったときにお世話になるのがテンパータイヤ。

    最近のSUVが背面タイヤを採用しないワケ

 テンパータイヤは、「テンポラリータイヤ」の略で、「間に合わせ」用の応急用タイヤという意味。スペースセーバータイヤという呼び方もあり、ノーマルタイヤよりも細く小さいサイズになっていて、原則として駆動輪への装着はNG。最高速度は80km/h以下で、走行距離も100km以内というのが目安になっている。

 最近では道路もよくなり、タイヤ自体のクオリティも上がったことでパンクのリスクが減り、車検時にスペアタイヤの搭載義務がなくなったこともあり、低コスト、軽量化、部品点数、トランク容量の確保、サイズの多様化などの理由から、テンパータイヤの代わりにパンク修理キットを搭載したり、ランフラットタイヤを装着するクルマが増えてきている。それでも、テンパータイヤならではのメリットがある。それは圧倒的な安心感。じつはパンク修理キットで対応できる症状はかなり範囲が限られている。 ・4ミリ以上の刺し傷や切り傷

・タイヤの側面の傷

・ほとんど空気が抜けた状態で走ってしまった場合

・タイヤがリムから外れてしまった場合

・ホイール本体、とくにリム部にダメージがある場合

・パンク修理剤の有効期限(約4年)が過ぎると使えない これらのケースでは、パンク修理キットは役に立たない。また、パンク修理キットで補修したタイヤは、基本的に再使用できなくなり、タイヤの買い替えが必要になる。

 その点、テンパータイヤがあれば、たとえタイヤがバーストしても、テンパータイヤに交換することで、100km以内なら移動可能。パンクしたタイヤの傷が小さければ、専門店で修理して再使用することもできるので、コスト的にもメリットがある。また、後方からクラッシュしたときには、ボディの補強パーツとして役立つことも……。

 定期的にメンテナンスをしておくと良い

 こうしたことを考えると、テンパータイヤのメリットは小さくない。でも、一番大切なのは、パンクを起こさないよう、空気圧その他の日常点検を怠らないこと。そして万が一、パンクしてしまったときは、安全な場所まで移動し、JAFなどに救援を頼むのがベスト。テンパータイヤへの交換作業ももちろんお願いできるが、なんと会員ならば、その場でパンクしたタイヤの修理まで無料で行ってもらえるので安心(ディーラーやガソリンスタンドでの修理と同等レベル)。

 廃車にするまで、テンパータイヤは未使用だったという人もいるだろうが、テンパータイヤが標準装備されていたクルマなら、決してクルマから降ろしたりしないで、ときどき空気圧などもチェックしておこう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します