現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ、1960年代のレーシングカー「P-5」をオートサロン2019に出展

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.12

ダイハツ、1960年代のレーシングカー「P-5」をオートサロン2019に出展

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■小さなクルマの可能性を証明した「P-5」

 東京オートサロン2019のダイハツブースには、ダイハツ従業員の有志によってレストアされることで走行可能となったレーシングカー「P-5」が展示されています。

    ダイハツ、トヨタのコラボモデル「COPEN GR SPORT CONCEPT」発表

 1300ccの水冷4気筒4バルブDOHCエンジンを搭載する「P-5」は、モータースポーツ創世記の1960年代に登場したミッドシップ・レーシングカーで、当時のライバル車を参考にしたパイプフレームと小型FRPボディを採用した一台です。  1968年の第5回日本グランプリ・レースでクラス優勝を果たした「P-5」は、総合でも海外エンジン勢を相手に10位と大健闘。鈴鹿1000km耐久レースでもクラス優勝、総合3位入賞と、小さなクルマの可能性を証明しました。

 レストア作業は、ベテランから若手までが一体となって作業を行うことで、ダイハツならではの小さいクルマづくりへの拘りとチャレンジングスピリットの象徴、そして技術を継承することを目的に行われます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hea*****|2019/01/12 18:43

    違反報告

    自分が小さい頃のウチのクルマはダイハツフェローだったが、まさかそれ以前にこんなレーシングカーを作っていたとは。
    クルマ業界の長い歴史を感じます。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します