現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産初、登録車で「ノート」が年間販売首位! e-POWERが大きく牽引 トヨタHVの「アクア」「プリウス」を抑えた

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.11

日産初、登録車で「ノート」が年間販売首位! e-POWERが大きく牽引 トヨタHVの「アクア」「プリウス」を抑えた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■日産「ノート」が史上初の年間販売ランキングで1位を獲得

 日産のコンパクトカー「ノート」が、2018年暦年(2018年1月-12月累計)の登録車販売ランキングで、統計史上初めて第1位を獲得しました。

    日本のコンパクトは「ノート」「アクア」の2強時代? なぜ「フィット」は加われないのか

 これまでに「ノート」は、2017年暦年と2017年度のコンパクトセグメントでトップを獲得。さらに、2018年上半期には、1970年上半期の「サニー」以来、日産として48年ぶりに国内登録車首位になっています。

 今回発表された2018年の年間販売ランキングで「ノート」は13万6324台を販売し、2位のトヨタ「アクア」の12万6561台に対して、約1万台の差をつけました。なお、2017年の年間販売ランキングでは、16万912台販売したトヨタ「プリウス」がトップでしたが、2018年の「プリウス」は、11万5462台を販売して3位になっています。

「ノート」が販売好調な理由は、「e-POWER」のモーター駆動による力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性、アクセルペダルの踏み加減で加減速ができる「e-POWER Drive」などが挙げられます。

 なお、ガソリン車に加えて「e-POWER」が追加された2016年11月から2018年12月まで、「ノート」は累計20万台を販売していますが、約7割のユーザーが「e-POWER」を選択しているといいます。

■「セレナ」はミニバンランキングで首位に

 さらに、「セレナ」が2018年暦年の国内販売で9万9865台を記録し、ミニバンセグメントでランキング首位を獲得しました。「セレナ」も、2018年3月に追加された「e-POWER」搭載車が好評で、販売台数拡大につながったということです。

 日産自動車 専務執行役員の星野 朝子氏は、「『ノート』が日産車として史上初、登録車年間No.1を、そして、『セレナ』がミニバン年間No.1を記録したことを大変嬉しく思っています。 日産自動車は、今後もお客さまのご期待に沿い、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていきます。技術の日産にご期待ください。」とコメント。

 日産は「e-POWER」が人気を得て、「ノート」と「セレナ」の販売が非常に好調です。現在「e-POWER」を搭載しているのは2車種のみですが、日産は2022年度末までに「e-POWER」搭載車5車種を国内市場に投入するとアナウンスしています。人気の「e-POWER」が次はどの車種に搭載されるのか、期待が高まります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fri*****|2019/01/11 16:13

    違反報告

    ハイブリッド車全体の販売台数ではトヨタには遠く及ばないのに、これでまた
    「登録車販売台数No.1」とか大げさなCMが流れるのだろうな。
    EVを謳いながらEVモードが無い、パーキングスピードでのエンジン音は
    結構うるさい。また高速道路燃費はエンジン駆動力が無いため14km/L前後、
    バッテリーにかかる負荷度合から、近い将来起こり得るであろう劣化の進行
    による燃費の悪化など、改良しなければならない点が山積している車と思います。
  • mot*****|2019/01/11 15:43

    違反報告

    HONDA選ぶオタは時代遅れw
  • nao*****|2019/01/11 16:20

    違反報告

    パワー燃費いい車は売れる 下取りの為アクアプリウスって人多い 冬になると実際15キロぐらいしか走らないって言ってた パワーも無いし

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します