現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンチネンタルのビジョン:自律シャトルと配送ロボットを組み合わせたシームレスなモビリティ

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.10

コンチネンタルのビジョン:自律シャトルと配送ロボットを組み合わせたシームレスなモビリティ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CES 2019で、コンチネンタルは配達ロボットと無人車両を用いる、商品配送のシームレスなアプローチを実演する。この配送コンセプトにより、商品および小包配送のバリューチェーンの電子商取引および都市化における可用性、効率、および安全性が向上する。自動配達の必要性は、世界的な増加のために増加すると予測されている。

コンチネンタルは、自動運転車の技術の境界を着実に推し進め、毎日新しいユースケースと進歩を模索している。 1月8~11日にラスベガスで開催されるCES 2019では、無人車両を使って配達ロボットをステージングして展開し、荷物を物理的に受け取ることができない場合でも消費者に届ける方法を紹介する。

    「わずか3kg」ではない。マツダ、Mazda3から、1310MPa級高張力鋼板冷間プレス部品を採用。世界初の技術

 無人車両 (Continental Urban Mobility Experience: CUbE)と配送ロボットのシームレスな統合により、より効果的かつ効率的な商品の配送が可能になる。コンチネンタルの自律型電化開発プラットフォームであるCUbEは、一般的に都市の「ファーストまたはラストマイル」モビリティのソリューションと見なされている。しばしばロボタクシーまたはポッドと呼ばれるこのタイプの乗り物は、シームレスなモビリティバリューチェーンの一部となるだろう。こうした車両/コンセプトは、商品の配送のみならず物流のキャパシティをフル活用することになり、同時に有休時間を大幅に減らすことができる。
 市場推計によると、商品の輸送の必要性は、ますます高まっている人口密集地域での人々の輸送の必要性さえも上回ると見なされる。 コンチネンタルは、センサー、環境認識とモデリング、ローカライゼーション、ポジショニング、状況分析、意思決定、メカトロニクスアクチュエータなどのスケーラブルなテクノロジとソリューションの専門知識を活かして、このニーズに応えるソリューションとノウハウを提供している。

 コンチネンタルのシャシー&セーフティ部門のシステム&テクノロジー部門責任者であるRalph Lauxmann氏は、次のように述べている。 「ロボット配達の助けを借りて、シームレスなモビリティのためのコンチネンタルのビジョンはあなたの玄関口にまで拡張することができます。どちらも電化されており、両方とも自立しており、原則として、どちらも同じスケーラブルなテクノロジポートフォリオに基づいている可能性があります。これらの相乗効果は、異なるプラットフォーム用の同様のソリューションを使用して、全体的な配信の概念に大きな可能性をもたらします。この技術基盤を超えて、バリューチェーン全体がこの分野で発展することを期待するのは合理的です」


自動運転との相乗効果が利用できる都市配送

 住宅地への商品や小包の配達は、年々増加している電子商取引の売上高に牽引されて成長しているダイナミックな市場だ。このセグメントの成長に伴い、1時間あたりの配送コストが重要性を増している。これはラストマイルとデリバリーサービスを差別化要因として位置付けている。複数の調査資料によると、自動商品配達は、すべての企業から消費者への配達のうち最大80パーセントの回答を提供すると予測されている。

 コンチネンタルは、自動化された商品配達を従来の商品配達からの延長、将来の都市の移動性の不可欠な部分として見なしている。 CUbEはひとつまたは複数の配達ロボットを運び、商品および小包配達物流チェーンの最後のヤードを処理するためにそれらを配備することができる。 「納品の自動化を産業化するには、信頼性が高く、堅牢で、高性能で最高コストの技術が必要です。これは、自動車の自動化に完全に反映されている組み合わせです。コンチネンタルが先進的な運転支援システムと自動車の自動化を提供する業界をリードするサプライヤのひとつとなったのは、このような専門知識のプロファイルです」とLauxmann氏は述べています。

 既存の配送ロボットを開発プラットフォームとして使用することで、コンチネンタルは、自動車メーカーの要件に合わせて自動車技術を移転および拡張する準備を整えた。Continental North Americaのシステム&テクノロジ担当ディレクターJeremy McClain氏は、次のように述べている。 「さらに、配達ロボットには、自動車ソリューションと同じくらい高度で堅牢なテクノロジが必要になります。オンラインショッピングの人気の高まりとメガシティの成長に伴い、パッケージ配達のための独自のソリューションが必要になります。配達ロボットと組み合わされた無人車両は完璧な答えかもしれません」

スマートシティのためのシームレスなモビリティ

 無人運転車は、将来のスマートシティにおいて非常に重要な要素となるだろう。彼らは都市化の課題を解決するために将来のモビリティの概念の重要な要素として多くの専門家によって考えられている。
 無人運転車はほぼ24時間365日使用することができる。革新的な都市計画者ならば、自家用車による他の交通手段へ乗り継ぎという手段を省くことで、無人運転車をきわめて有効な公共交通機関として見なすだろう。

マクレイン氏は、ピーク時の「ラッシュ」時間外に無人運転車を利用するのがロボットの普及の鍵であると述べている。「日中は無人運転車の需要がピークに達するでしょう。 私たちの自動車技術には、無人運搬車の付加的なユースケースとして、自律配送ロボットの開発においてロボティクス企業を支援する大きな可能性があると考えています」
 日中は多くの配達が行われているので、多くの人が学校で仕事をしていたり​​、他の場所で仕事をしているときは、このような配達ロボットと組み合わせるとロボタクシーのオフピーク時間を完全に活用できる。

 CES 2019の期間中、コンチネンタルのブース(ノースホール、ブース7519)で展示する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します