現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > セプトン:自動運転の新時代を告げるLiDAR製品群「Vista」を発表

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.10

セプトン:自動運転の新時代を告げるLiDAR製品群「Vista」を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cepton Technologies, Inc.は、新しいLiDAR製品として「Vista-M」と「Vista-X」の2種類を発表した。

 Ceptonの特許取得済み技術であるMicro-Motion Technology(MMT)採用のVistaシリーズのLiDARソリューションは、NVIDIA DRIVEの車載用AIコンピューティングプラットフォーム上で動作し、高解像度で長距離のイメージ生成によって多様なレベルの自動運転アプリケーションを実現する。

    「わずか3kg」ではない。マツダ、Mazda3から、1310MPa級高張力鋼板冷間プレス部品を採用。世界初の技術

 セプトンのCEO兼共同創業者であるJun Pei氏は、次のように述べている。「セプトンは、長距離で高解像度の3D認知機能を手頃な価格で提供し、自動運転を新時代へ導きます。Vista-X、Vista-Mソリューションは、自動車にシームレスに統合可能なため、設計者は自由に洗練された車をデザインできます。セプトンは、自動運転車の急速な普及に向け、Tier-1サプライヤーおよび製造パートナーとのVistaシリーズ量産も想定しています」

 Vista-M LiDARは、クレヨンの箱程度の大きさのセンサーで、120度の視野角(FOV)と150mの検出距離を提供する。コンパクトなデザインにより、自動車のヘッドランプ、テールランプ、サイドミラーへのLiDAR統合を可能にし、設計者はより自由にインテリジェンスと自律走行機能を車両のデザインに組み込むことが可能になる。セプトンはすでに、さまざまなかたちでの統合を可能にするこの小型ソリューションを、自動車関連業界に提供している。

 Vista-X LiDARは、120度の視野角にある反射率10%の物体を200mという長距離から検出可能。このような広い視野角は、より広い範囲での物体の検出、追跡、位置特定を可能にする。視野角全体にわたって均一な0.2度の空間分解能により、走行時の視野角構成の複雑化と安全リスクが解消され、これによりVista-Xを車の前部、後部、あるいは車内に統合する柔軟なデザインが可能となる。

 NVIDIAのテクニカル・マーケティング部門のシニア・ディレクターであるGlenn Schuster氏は、次のように述べている。「CeptonのVistaソリューションのような高性能でコスト効率の良いLiDARにより、自動運転車の市場への投入が加速されます。NVIDIA DRIVEプラットフォームの高性能コンピューティング機能を活用してセプトンのLiDARデータの処理を行うことにより、自動車は周囲の環境の正確なイメージを取得して自律的な走行が可能になるのです」

 大手LiDARアナリスト企業であるYole Developpementの継続的な市場予測では、自動運転車市場は2019年以降に急成長し、2032年までに市場価値が280億ドルに達すると予想されている。Yoleのテクノロジーおよび市場担当アナリストであるAlexis Debray氏は、次のように述べている。「LiDARの市場は急速に成熟しており、セプトンの新製品はLiDARセンサーの性能を引き上げるだけでなく、自動運転車の普及を促進すると期待されます」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します