現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハーレー、5年連続マイナスでついに1万台割れ 2018年輸入小型二輪車

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.10

ハーレー、5年連続マイナスでついに1万台割れ 2018年輸入小型二輪車

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自動車輸入組合(JAIA)は1月10日、2018年(1~12月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年比5.2%減の2万0385台、2年連続で前年実績を下回った。

シェアトップのハーレーダビッドソンは同11.1%減の8931台で、5年連続のマイナス。統計を開始した2011年以来、初の1万台割れ。シェアも同2.9ポイントダウンの43.8%。9年連続の減少となった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

2位のBMWは同4.8%減の4978台で2年ぶりのマイナスだったが、シェアは同0.1ポイントアップの24.4%。統計開始以来、最高を更新した。

3位のドゥカティは同2.0%増の1941台で2年ぶりのプラス。4位トライアンフは同7.4%減の1737台で3年ぶりのマイナス、5位KTMは同11.5%増の1476台で2年連続のプラスとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します