現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ティアフォー:低速自動運転車向け量産型「AIパイロット」の提供開始

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.10

ティアフォー:低速自動運転車向け量産型「AIパイロット」の提供開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ティアフォーは、商用施設内や市街地郊外の短距離移動、また工場・倉庫内での物流搬送を支える低速自動運転車向けに、自動運転に必要となるセンサー(LiDAR、カメラ、IMU、GPS等)、コンピュータデバイス、各種ハードウェア及びソフトウェアをすべて一体化した量産型システムユニット「AIパイロット」の本格的な提供を開始する。

「AIパイロット」は、ティアフォーが開発する自動運転技術を集約したシステムユニット。事前にキャリブレーション済みのLiDARやカメラ等のセンサー類を一式まとめた筐体を車体ルーフに取り付け、オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」がインストールされたコンピュータデバイスと接続することで、短期間で自動運転車を構築できる。また、通信機器のサポートも用意されており、走行データをモバイル通信やWiFi通信でサーバーにアップロードすることや自動運転に必要な3次元地図データをティアフォーが提供するクラウドサービスからダウンロードすることも可能。さらに、ティアフォーが併せて提供する「T4 Account」を購入することで年間のメンテナンスやテクニカルサポート、さらには損害保険や自動運転中のリモートサービスも受けることができる。

    「わずか3kg」ではない。マツダ、Mazda3から、1310MPa級高張力鋼板冷間プレス部品を採用。世界初の技術

 同製品は、マクニカより販売となり、2019年1月16日(水)~1月18日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第2回自動運転EXPO」の同社のブースにて低速自動運転車とともに実物展示される。販売開始は2019年1月16日。

 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します