現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シャレオツな輸入車メーカーのウエアをチェックしてみた! 輸入車メーカーのバイクウエアがカッコいい Vol.2

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.9

シャレオツな輸入車メーカーのウエアをチェックしてみた! 輸入車メーカーのバイクウエアがカッコいい Vol.2

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■バイクメーカー純正だからこそ車体にマッチしたデザインのウエアを選べる

 身体をむき出しの状態にして乗るバイクは、いわば身体も車体のひとつといえるので、機能性の高い専用ウエアを選ぶのがセオリーとされています。さらには、着ているウエアも車体のデザインの一部とも言えるかもしれません。

    ドゥカティ 新型「ディアベル1260」発表 マッチョな車体に繊細な走りが魅力のモデル【EICMA2018】

 ちょっと大げさではありますが、ライダーが乗ることで完成するとも言えるバイクは、乗っているライダーによって見え方が変わってくるのが事実。それは、ライディングスタイルであったり、着ているウエアであったりと、いろいろな要因が関係してくるのですが、バイク乗りではない人からしたら、“着ている服”が一番目につくところではないでしょうか。

 もちろん乗る目的によってウエアが違ってくるのも、通常の洋服コーディネートと考え方は一緒ではあるのですが、どちらかと言ったら、スポーツウエア的な要素が強いかもしれません。

 バイクに乗るための専用ウエア=ライディングウエアは、ちょっと前まではウエア販売を専門とするメーカーのものを選ぶのが一般的でしたが、最近はバイクメーカーが展開するウエアが侮れない仕上がりになっています。

 ウエアメーカーとダブルネームで開発を行ったり、バイクに合わせたイメージでデザインしたりと、その力の入れようには目を見張るものがあります。ライディングウエアに用いられる素材の進化、さらには機能性だけでなく、ファッション性も求められるようになってきたのがその理由ともいえるでしょう。

 こういった流れが起こる前から、メーカー発進のウエアにも力をいれていたのがDUCATIやハーレー・ダビッドソンといった輸入車メーカーです。メーカーがもつ世界観とリンクしているのが特徴で、そのメーカーのスピリットを纏っているかのように、誇らしげになれるアイテムが揃っています。

■そんな輸入車メーカーのウエアを一部ご紹介

<DUCATI>

 イタリアンメーカーらしい、スタイリシュなデザインが特徴的。カンパニーカラーの“赤”をアクセントに、レーシーなアイテムから、ヘリテージ感漂うクラシカルなアイテムまで、車種に合わせてバリエーション豊富に取り揃えられています。ダイネーゼやスピーディといった、イタリアのライディングウエアメーカーとのダブルネームアイテムを取り扱うのもDUCATIならでは。

<BMW Motorrad>

 アドベンチャーといった大型の冒険バイク用ウエアが目立っていましたが、近年はスポーティなラインにも力を入れています。ヘリテージ感漂うR nine Tや、G 310 Rといったストリート寄りのモデルに合わせて、質実剛健なだけじゃない、カッコいいラインも登場しています。

<Harley-Davidson>

 まさしく我が道を行く! 革ジャンをメインにアメリカンテイストなアイテムが豊富。ロゴを誇らしげにあしらったパッド入りのライディングジャケットから、カジュアルなアイテムまで、アメカジスタイルが楽しめます。

<TRIUMPH>

 クラシックなバイクに合わせ、ライディングウエアもヴィンテージな香りがする革ジャンがメイン。ブリティッシュなレザースタイルが楽しめます。タイガーといったアドベンチャーモデルに最適な、全天候型のウエアも用意されています。

<KTM>

 オフロードのイメージが強いメーカーだけに、モトクロスウエアやブーツ、アドベンチャー用の全天候型ウエアが豊富。ストリートモデルにあわせてカジュアルなラインも登場しています。カンパニーカラーの柿色(オレンジ)が目印!

<Moto Guzzi>

 イタリアのモト・グッツィから展開されているのは、大人なレザースタイル。バイク乗りが上品にみえるというのもイタリアならではです。ヴィンテージテイストな革ジャンと、味わいのあるヘルメット(日本未導入)で、シックなスタイルを完成させています。

 いかがでしたでしょうか? ライディングウエアとはいえ、オシャレなものが多いですよね。ブランドなりのスピリットを纏ってバイクを駆るのも気持ちがいいものです。

 バイク乗りの中には安全性だけ確保できればいい、人の目なんか気にしない~! という方もいらっしゃいますが、それはそれでロンリーウルフ的なかっこよさはあるものの、世の中にバイク乗りを増やすためにも、カッコいい! と思われるウエア選びをしてみませんか? きっと違う世界が開けてくるはずです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース サトウマキ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します