現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ZFが自動運転向けAI対応スーパーコンピューター、1秒間に最大600兆回の演算処理…CES 2019

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.9

ZFが自動運転向けAI対応スーパーコンピューター、1秒間に最大600兆回の演算処理…CES 2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZFは1月7日、米国ラスベガスで開催したCES 2019のプレビューイベントにおいて、自動運転向けのAI(人工知能)対応スーパーコンピューター、「ZF ProAI RoboThink」を発表した。

ZF ProAI RoboThinkは、ZFのセンサーセットと組み合わせることで、安全なレベル4+の自動運転を可能にする。ZFによると、モビリティ業界で最も強力なAI対応スーパーコンピューターになるという。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ZF ProAI RoboThinkは、1秒間に最大600兆回の演算処理を実行する。この高いレベルの計算能力は、リアルタイムの「car-to-X」通信とクラウドベースのデータ入力によって、車内と車外のセンサーデータを処理できるように設計されている。キャンパスや会社の敷地などの限定されたエリアから、より複雑な交通環境まで、あらゆる種類の公共交通に将来、自動運転サービスを提供する能力を備える。

また、ZFクラウドをベースとしながら、完全にネットワーク化されたシステムソリューションは、車両をモノのインターネット(IoT)、支払いシステム、乗車サービスなどの顧客アプリケーションに連携させることが可能という。

ZFはこのスーパーコンピューターは、柔軟性、モジュール性、スケーラビリティの点で独自のコンセプトを持っているため、無人の自動運転車の開発や、人やモノを自律的に動かすことができる、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bla*****|2019/01/09 19:17

    違反報告

    Nvidia製のチップで1秒間に最大600兆回の演算処理は変だと思ったら
    4枚つないで150X4で理論上600兆というだけだった。
    SLIみたいな性能の伸びなら4枚で実質やっと2倍程度で安定しない気がする
    Nvidiaの1枚で320兆のやつのほうが良さそう

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します