現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新成人の約3割が“若者のクルマ離れは自分のこと”と実感 車両価格の高騰もマイカー所有の妨げに!?

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.9

新成人の約3割が“若者のクルマ離れは自分のこと”と実感 車両価格の高騰もマイカー所有の妨げに!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■“いつかは自分のクルマを所有したい”新成人は5割越え

 自動車保険などを展開するソニー損害保険は、2019年の新成人(1998年4月2日から1999年4月1日生まれ)1000人を対象に、カーライフに対する意識調査を実施しました。

    日本のコンパクトは「ノート」「アクア」の2強時代? なぜ「フィット」は加われないのか

 この調査結果では新成人の運転免許保有率やクルマの購入意欲などが発表されていますが、対象となった1000人のうち、約4割がAT限定免許、約2割がMT免許を保有。残りのユーザーの中の2割は時期未定ながら取得予定と回答しています。

 今回の調査では、“若者のクルマ離れ”に対する質問に対し、自分自身がその対象に“あてはまる”が33.6%、“あてはまらない”が35.3%とかなり拮抗する結果となっており、“あてはまる”の割合は、2018年の調査時よりも3.7ポイント減少。

 マイカー所有率は全体の約17%ながら、“いつかは自分のクルマを所有したい”と答える回答者が約5割を超えるなど、マイカーに対する憧れを抱く新成人はいまだに多数派となっています。

■20代ドライバー増加のキッカケになると思うこと1位は「クルマの価格が安くなる」

“20代ドライバー増加”のきっかけになると思うことを聞いたところ、6割の新成人が「クルマの価格がもっと安くなる」と答えており、次いで「ガソリン・燃料が安くなる」、「自動車保険が安くなる」などと回答。

 新成人や20代のドライバーにとって、購入価格やランニングコストの高騰がマイカー所有の足かせになっているようです。

■新成人が20歳のうちに欲しいクルマNO.1はトヨタ「アクア」

 また、運転免許保有者と取得予定者857名のうち、車の所有に肯定的な691名に20歳のうちに車を購入するならどのモデルが欲しいか聞いたところ、1位はトヨタ「アクア」(18.8%)、2位は日産「ノート」(16.8%)、3位は「フォルクスワーゲン(Golf/Poloなど)」(11.1%)、4位は日産「キューブ」(10.7%)、5位はトヨタ「プリウス」(9.4%)という結果に。

 同時に行われた“憧れのクルマ”に対する調査ではBMWやレクサス、ポルシェなどの高級車が選ばれていることからも、新成人がクルマに対して広く興味を持っていることが分かります。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します