現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パナソニック、「ストラーダ」のベーシックモデル発売へ…渋滞回避やワイヤレス音楽再生に対応

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.9

パナソニック、「ストラーダ」のベーシックモデル発売へ…渋滞回避やワイヤレス音楽再生に対応

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは、AV一体型カーナビゲーション「ストラーダ」のベーシックモデルとして、7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビステーション「CN-E310D」を2019年1月中旬より発売する。

新製品は、ストラーダの上位機種から継承した高いナビゲーション機能とAV機能を搭載。最新地図データを収録することで、市街詳細地図や実物と同じデザインの方面看板など、正確で分かりやすいルート案内を実現。2018年6月に開通した東京外環自動車道の三郷南IC~高谷JCTや、2018年3月に開通した新名神高速道路の川西IC~神戸JCTなども収録した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

さらに、交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した渋滞回避機能「スイテルート案内」を搭載。ルート案内中に交通状況が変わると、渋滞を回避するルートを自動で再探索。準天頂衛星システム「みちびき」にも対応し、自車位置の測位精度を高めた。

また、AV機能でニーズの高い「BLUETOOTH Audio」に対応。ふだん聴いているスマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生でき、手軽に車内でも楽しめる。

価格はオープン。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します