現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 後続車無人を想定したトラック隊列走行の公道実証 1月22日から新東名で

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.9

後続車無人を想定したトラック隊列走行の公道実証 1月22日から新東名で

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省と国土交通省は1月8日、後続車無人を想定したトラック隊列走行の公道実証を1月22日から新東名高速道路で開始すると発表した。

これまで、後続車無人システムの開発を進めてテストコースで検証してきた。1月22日から2月28日までの間、新東名高速道路で、後続車有人状態だが、後続無人システムを搭載したトラック隊列走行の公道実証を開始する。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

2018年度の公道実証では、最大3台のトラックが、時速70kmで車間距離約10mの車群を組んで走行する。安全確保の観点から、全ての車両にテストコースで経験を積んだドライバーが乗車する。実走行環境で開発中の後続車無人システムの実現に向けて必要となる機能が設計通り作動することを確認するとともに、トラック隊列が周辺走行車両の乗員から、どのように認識されるか、トラック隊列が周辺走行車両の挙動に及ぼす影響なども確認する。

今回実施する先行車に追従して車線変更する機能を搭載したトラックによる公道実証は国内で初となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mar*****|2019/01/09 11:26

    違反報告

    そんなことより最外側の追い越しレーンを完全自動運転車専用&最高速度120キロ位にあげたほうがドライバーは労働環境もよくなるし就職難にならなくてすむ。

    無人隊列って結局輸送コストの削減が主な目的だからドライバー職は全体的に待遇悪くなるだけだし、トラックドライバーの数からして不況の元になると思うが…

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します