現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カーメイト、OBD2の車両情報を活用するスマホアプリ開発キットを公開

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.9

カーメイト、OBD2の車両情報を活用するスマホアプリ開発キットを公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーメイトは、同社製のOBD2アダプター「ドライブメイト d-OBD(ディー・オービーディー)」で取得した車両情報をスマートフォンで活用できるiOS向けソフトウェア・デベロップメント・キット(SDK)「ドライブメイト d-OBD SDK for iOS 」を公開したと発表した。

今回公開されたSDKは、電波法令で定める技術基準に適合している無線機であることを証明する「技適マーク」付きOBD2アダプター向けとしては国内初となる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

同社では、2010年よりスマートフォンアプリケーション「ドライブメイト」シリーズの開発を始め、2012年からはOBD2アダプターから得た車両情報を活用するアプリケーションの開発にも取り組んできた。近年、スマートフォンデバイスの普及とともに「IoT」が注目を集めていることから、この度ドライブメイト d-OBDを使って取得した車両情報をアプリケーションを通じてより多くの人に活用してもらうことで、自動車業界のIoTやテレマティクスなど技術の発展に貢献するためにSDKを公開した。

これにより、ドライブメイト D-OBDを用いて、エンジン回転数 、速度、瞬間燃費、水温、スロットルポジション、走行距離など19種類の車両情報を取得し、スマートフォンへの表示やオリジナルアプリの作成などが可能になる。

例えば、同社製アプリ「RAZO OnboardCam(レッツォ オンボードカム)」では、スマートフォンのカメラと各種センサーを使用し、スポーツ走行時の情報を保存。速度、加速度、ラップタイムなどの情報に加え、様々なメーターデザインの中から好きなものを選ぶことで、自分だけの映像を簡単に作成・共有できる。

これ以外にも、エンジン回転数や燃費などを表示するメーターやラリーコンピューター、ナビアプリの慣性航法の補助、最高速度や急加速・急減速の検知などの安全運転診断といった切り口での活用も可能になる。

個人・法人・商用・非商用を問わずダウンロード可能。ダウンロードはGitHub上で行うことができる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します